お金とグラフ

『投資の超基本』投資を成功させる、最大のポイント

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

 

投資の人気が高まっています。

ビットコインとか
ブックメーカーとか。

ちなみに、
投資の中で僕が一番押しているのは
不動産投資です。

 

『不動産投資』普通の会社員が、不動産投資で脱サラすることはできるのか?


投資界のなかで、
これに勝てる投資法はないとも思っています笑

 

さて、

投資の人気が上がってきているので
今回は『投資』についてのお話をしたいと思います。

 

サラリーマンの方の話を聞いていると

FXや仮想通貨の投資に興味を持たれる方が多いそうですね。

 

投資も、
お金を稼ぐための、有効な手段です。

その投資で失敗しないために、
今回の記事は、投資の超基本について書きます!

 

投資で稼ぐ基本


投資でも、
ビジネスでも、

 

どちらでも、稼ぐためには

まず、ノウハウを獲得して
そのノウハウを練習して、

あなたのスキルとして変換していきます。

 

スキルに変換されたときに、
安定したお金を稼ぎ出すことができるようになります。

 

正直なところを言うと、
投資系は、胡散臭い情報が出回っていることも事実です。

 

例えば、

やたらツールばかりを進めてくるとか、
「再現性100%!」とか言っているとか…

そんなようなものが多いです。

 

そんな世界から
まずは、信頼できる情報を探す。

そして、そのノウハウをたくさん練習して
スキルとして、身に着ける。

そうすることで、稼げるようになります。

 

だた、

投資とビジネスでは、
スキルの習得以外に、ちょっとだけ注意点が違うとことがあって、

ここを適当にやってしまうと
投資では、稼げないどころか

むしろ、大損してしまう可能性があります。

 

今からその注意点について解説します。

超重要なことなので、
集中して読んでください!

 

投資の超重要なポイント


ビジネスでも投資でも
人間の行動の基本となっている、

思考』が、成否を分けます。

 

そして、

特に投資系は
モロに、思考と結果が直結しています。

 

これは、イメージしていただければすぐ分かるのですが、

例えば、パチンコ。
パチンコも、やり方次第では投資になったりもします。

まあ、
あまりオススメはしませんが。笑

 

そのパチンコを例に挙げてみると、

1000円入れたとして、
大勝して10万円になったとします。

 

『よっしゃ!この調子ならもっといけるぞ!』

と思って、さらに稼ごうとします

 

….これをやってしまうと
投資では失敗してしまいます。

 

逆に
1万円入れて、大負けして0円になってしまったときに、

『次で取り返すぞ!』

と、また1万円を入れてしまうと、

これも負けます。

 

こういう風に
賭け』をやってしまうと
投資では失敗してしまうんです。

 

投資とは、
根拠のあるデータを、
それに基づいて計画を立てて

計画的に、利益を出していくことを言います。

 

勝負に出てはいけないんですよね。

 

しかし、

人間というのは、『欲』が出てしまう生き物です。

 

買っているから、もっと!
負けたから、次で!

こう考えてしまうものなのです。

 

この『』を押さえつけて
計画的に運用していくことが、

投資で稼ぐための、鍵となります。

 

ノウハウも大事なのですが、
思考が、一番重要なポイントなんです。

 

投資で失敗している人の原因を探ると
ほとんど、欲が出てしまったパターンです。

欲を押し殺して
戦略的に、計画的に運用していくことが重要です!

 

 

さて、
投資の超基本についてお話しました。

 

もし、投資についての質問や
アドバイスがほしい!と考えている人は

僕のline@に、連絡をいただければと思います!

 

友だち追加

 

それでは!今回はこのへんで。

関連記事

  1. 師匠と弟子

    『メンター』師匠とどう関われば、結果に近づけるのか?

  2. スタート

    目標を達成するチャンスは、今だけ。

  3. パンダ

    『ラクに稼ぎたい!』の『ラク』ってなんだろう…?

  4. 自己責任

    ビジネスは自己責任の世界。だからいい。

  5. プライド

    『断捨離』プライドを捨てる4ステップ

  6. 質問マーク

    『稼げない…』ビジネスの基本を理解すると、結果がスムーズに…

  7. 難しい

    自分で稼ぐのは難しいこと?

  8. お金

    自分を否定するところから、稼げる脳は作られる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。