綱渡り2

『失敗を恐れているあなたへ』失敗を飛び越える思考法

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

 

ビジネスの失敗と言えば、
まあ、いろいろありますが、

ひとつ、上げてみるなら、
赤字』も、失敗ですよね笑

 

例えば、

ビジネスを学ぼうと、初期投資をして、

「もし、稼げなかったら、どうしよう…」
「投資がムダになったらどうしよう…」

ビジネスを始めようと思っている方なら、
多分、こう思ったことがあるのではないでしょうか。

 

何かをはじめようとしたときに、
頭をよぎるのは、失敗するリスク

 

それに悩まされて
前に進めていない人の参考になればと思い、

今回は、
失敗の可能性に直面したとき
について、書いていきたいと思います!

 

失敗を考えて、
推進力を失っている方に、

その失敗を飛び越える方法を、解説いたします!

 

■ リスクは、避けられるのか?


特に、
新しいことをはじめるときには、

『失敗』
を、誰もが頭に思い浮かべますよね。

 

ビジネスをはじめても、
稼げなかったら、どうしよう…

これも、
はじめるときに考える不安の一つですよね。

 

『失敗』
を考えて、
不安
になってしまうから、

前に進む、推進力を失って、
なにも行動できなくなってしまう。

 

という方は、結構いるんです。

 

失敗するリスクが避けられるなら、それで解決ですが、

ほとんどのケースは、
そのリスクと戦わなければいけません。

 

不安に勝ち、
前に進んだ人だけが、

その先に進めるのは、当然ですよね。

 

では、
失敗のリスクに直面したときは、どうすればいいのか?

 

これは、
超基本的なことをおさえれば、

なんてことないんです。

 

『基本』を押さえて、リスクを飛び越える!


ビジネスの超基本と言えば

思考
マインドです。

 

人間の全ての行動は、思考から来ていて、
その思考を、稼げる思考に書き換えることができれば、

当然、稼げる行動がとれるので、
結果、稼げます。

 

リスクに直面したときも、
考え方を変えれば、全然怖くありません。

 

失敗を考えているから、
失敗してしまうんです。

挑戦することは、
成功させたいですよね。

 

なら、
成功させることを考えれば、いいだけのことなんです!

 

失敗や、不安を考えるのは、

いま、あなたができる全ての行動をやった後でも、
全然遅くはないです。

 

はっきり言ってしまうと、
失敗を考えるのは、
ただの、ムダなんですよね。

そこからは、何も生まれませんから。

 

成功させたいのなら、
成功させることを、ひたすら考える!
行動に移す!

こうするだけです。

 

僕も、毎日が挑戦のようなものですが、
失敗は、まず考えません。

 

そんなこと考える時間があるのなら、
成功させるために、全力を尽くした方が、

成功につながりますからね^^

 

失敗が頭をよぎって、
不安を感じる気持ちは、もちろんよくわかります。

そこで、失敗を考え続ける人になるのか、
失敗させないように、成功を考える人になるのかで、

結果は、大きく変わってきます。

 

失敗したくないのなら、
成功を考えるのみです!

 

 

さて、

やっぱり、ビジネスの基本は思考ですね。

考えかた一つで、
結果は、大きく変わります。

 

失敗のリスクに直面したときは、
成功させることだけを考えましょう!

そうすれば、
失敗する可能性は、どんどん下がっていきます。

 

僕の教え子で、結果を出している人も、
そうやって、思考を切り替えて、

リスクに屈することなく、
前に進んできたからです。

 

成功を考えれば、
あなたは、成功できます!

 

それでは!今回はこのへんで。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. サムネ7

    『なぜ成功するのか?』ビジネスで成功する人としない人の違いはどこにある…

  2. お金

    自分を否定するところから、稼げる脳は作られる。

  3. プライド

    『断捨離』プライドを捨てる4ステップ

  4. スタート

    目標を達成するチャンスは、今だけ。

  5. ノウハウコレクター

    『ビジネスのあるある』ノウハウコレクターにならずに済む方法

  6. 量質転化

    ビジネス初心者に知ってもらいたい!『量質転化の法則』について

  7. バラ

    『もっと明るくなるために』あなたが世界で一番大切にすべきものとは…

  8. 常識

    『常識VS非常識』shinnが考える、常識になってほしい非常識なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。