アービトラージ

『勝率99%?』ブックメーカーのアービトラージは本当に稼げるのか?

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

 

ブックメーカーのアービトラージ
ブックメーカーで検索をすると引っかかるワードです。

あなたもブックメーカーの情報を調べている時に見かけたことがあるのではないでしょうか。

 

僕のline@でも「アービトラージって何ですか?」という質問を多々いただくのですが、

この『アービトラージ』と言うもの
一体何なのでしょうか?

 

 

今回は、
ブックメーカーのアービトラージは本当に稼げるのか?
ということで、

ブックメーカーのアービトラージについてお話していこうと思います!

 

先に答えを行ってしまうと、
僕はあまりオススメしていません

 

着眼点は面白いとおもうのですが、
確実に稼いでいきたいのなら、この方法はちょっと遠回りかなと考えています

詳しく解説していきますので、
ぜひ、最後までご覧ください^^

 

『アービトラージ』とは


アービトラージ、

これは『鞘どり』や『裁定取引』などとも言われる仕組みです。

 

ブックメーカーのサイトはいくつかあるのですが、

オッズ(当たった時の配当)が異なるブックメーカーサイト2つに賭けて
利益を得ようとする作戦をアービトラージと呼びます。

 

例えば、

 

バスケットボールの試合に賭ける場合、

・Aチーム 対 Bチームの試合

この試合を、2つのブックメーカーで賭けます。

 

ブックメーカーサイト①なら

【Aチーム】 2.1倍
【Bチーム】 1.8倍

ブックメーカーサイト②だと

【Aチーム】 1.9倍
【Bチーム】 2.3倍

①でAに、②にBに同額をベットすれば、確実に利益が出る!

これが、アービトラージです。

 

アービトラージは儲かるの?


アービトラージで利益を出す場合、

いかに早く、多くのアービトラージ情報をキャッチするか、
これが勝負になります。

 

しかし、

1個1個のサイトのオッズをチェックするのって
結構たいへんです。

なので、
アラートサイト』と呼ばれるサイトを使って、
この情報収集を、自動化させます。

アラートサイトを使うと
たくさんのブックメーカーサイトから自動で情報を得ることができます。

 

これなら情報のキャッチも早くて、
確実に勝てて、ぼろ儲けできそうな気もしますが…

実は、
大変な作業のわりに、月利数%しか稼げない。
という場合がほとんどです。

 

アービトラージがオススメできない理由


僕の見解ですが、
アービトラージはオススメできるものではありません。

 

確かに、
アービトラージは月利数%ですが、
うまくやれば確実に勝つことはできます。

しかし、
これ結構面倒くさいです。

 

大変な作業のわりに数%しか出ない。
ちょっと非効率だと考えています。

 

あと、
僕は月利300%、勝率94%のブックメーカー投資を知っています。

このノウハウを知っている僕としては、
アービトラージは、面倒くさくて稼げないノウハウです笑

 

 

どっちを選ぶかです。

・月利数%。勝率99%を大変な作業の投資。

・月利300%。勝率94%。
負けても、掛け金の80%は返金される投資。

 

もちろん、僕がオススメするのは300%の方ですが、
数%でも、ほぼ100%の勝率を手に入れたいのなら、アービトラージもありです。

 

あなたの目標に合わせて、ノウハウを選んでいきましょう^^

 

それでは!今回はこのへんで。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

ーーーーー✄ーーーーー✄ーーーーー✄ーーーーー

ps.

shinnのブックメーカー講座について

 

今回のお話はいかがだったでしょうか?

 

「投資で稼ぎたい…」
「投資でお金を稼いで、もっと豊かな生活をしたい!」
とお考えのあなたへ。

 

僕、shinnこと高浜真也が、

ブックメーカー投資を確実に成功させて、
今の生活を大きく変えて、幸せになる方法を

公式LINEにて、無料アドバイスしています。

 

質問などはこちらにメッセージしてもらえれば、
いつでもお答えいたします^^

 

友だち追加

 

では!
あなたのメッセージをお待ちしています!

関連記事

  1. ブックメーカーのリスク

    『月利300%!?』常識破りの投資法、ブックメーカー投資を解説いたしま…

  2. 違法?合法?

    『違法じゃないの?』ブックメーカーが違法ではない理由を解説します!

  3. 初心者

    『投資が失敗する原因はこれだ!』初心者が投資で失敗しないためのマインド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。