鉛筆を噛む女性

『継続は成功のへのカギ!』たかい集中力を得る方法

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

 

ビジネスで結果を出すために重要なのは、

選択と集中
です。

 

まずはビジネスモデルを選択する。

そして、自分で選択したものを徹底的に集中してやりこむ。

これが基本です。

 

今回は、『集中』について。

高い集中力を持つ人間は、結果に早くたどり着くことができます。

 

いや、
『持つ』と言うよりも『作れる人』といったほうが正解ですね。

高い集中力は、作ることができます。

 

今回は、
たかい集中力を得る方法

ということで、

より高い集中力を手に入れる方法をお話します!

 

集中が途切れる原因を探れ


まず、高い集中力を得るには、

集中力を奪う原因を消していくのが一番手っ取り早いです。

 

なぜ、集中力は切れてしまうのでしょうか?

 

イメージしてみてください。

あなたがビジネス作業をやっている最中に、
どのタイミングで集中力が切れてしまうのか…?

 

一番多い原因は、『スマートフォン』ではないでしょうか。

 

例えば、

友達からlineが届いてついチラ見。

意味もないけど、Twitterを眺めた。
など、心当たりはありませんか?

 

他にも、
パソコンで作業中に、気づいたらYouTubeを見ていた。というのも多いです。

 

ブラウザを開いて、
その後、ふと気付いたらYouTubeを適当に眺めていた。

というのはありませんでしたか?

 

そうです。

気が散る原因があるから、そっちに意識をとられてしまい

結果、集中力を切らして、
ビジネスとは全く関係のないことをやってしまう。

 

というのが、主な原因です。

この原因をつぶしていけば、
集中力は自動的に上がっていきます

 

原因をつぶして、高い集中を得る。


つまり、

スマホなどの気が散る原因を消し去ってしまえば、
集中力を奪われる心配はありません。

 

まずは、スマホ。

作業中は、スマホの電源をオフにしておきましょう

 

機内モードでもいいですが、念には念を入れておきましょう。

ビジネスをやっている時に、
友人からのlineは邪魔になるだけです。

通知が届かないように、スマホの電源を落としてしまいましょう。

 

そして、デスクの上に置かない。

パソコンで作業をしているデスクの上には、
ビジネスに関係のあるもの以外は、全て片づけておきましょう

 

漫画、食べかけのお菓子、知恵の輪のような手でいじれるもの。

そのようなものは、作業中はデスクの上に置かないようにするとなおいいです。

 

他にも、
YouTubeを眺めてしまうのなら、デスクトップをきれいにするというのも効果的です。

 

パソコンのデスクトップは、散らかりがちになるものです。

デスク同様、気が散ります。

 

とにかく、
作業する環境から、作業に関係のないものを排除していきましょう。

目に入るものは、
あなたの未来を変えるために必要なモノだけで十分です。

それ以外ものは、ただの足枷になるだけです。

 

 

さて、

高い集中力を得るということは、

周りから、不要なものを消し去るということです。

 

あとは、あなたの本気があれば、
究極の集中力を得ることができるはずです!

僕も、高い集中力を手に入れるために、
あれこれ『断捨離』してしまいました。

 

未来の自分のために必要なモノだけを手元に残して、

他のものは、売るなり捨てるなりして、
自分の未来にやくだてました。

 

必要なモノしかない。

そういった作業環境が、あなたに高い集中力を与え、
あなたは、100%の力をビジネスに使うことができます。

 

ここまでできるひとは、

ビジネスで結果を手に入れるまでに、1ヶ月もかからないでしょう。

 

高い集中力は、結果を引き付けます!

 

それでは!今回はこのへんで。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. プライド

    『断捨離』プライドを捨てる4ステップ

  2. 量質転化

    ビジネス初心者に知ってもらいたい!『量質転化の法則』について

  3. インプット

    『思考の変化で成功を』成功者の思考を自分のものにする確実な方法

  4. 退屈

    『毎日がつまらない…』幸せの基準値を下げて、生活をたのしく…

  5. スタート

    目標を達成するチャンスは、今だけ。

  6. 質問マーク

    『稼げない…』ビジネスの基本を理解すると、結果がスムーズに…

  7. 常識

    『常識VS非常識』shinnが考える、常識になってほしい非常識なこと

  8. 師匠と弟子

    『メンター』師匠とどう関われば、結果に近づけるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。