物販ビジネス確定申告 アイキャッチ

【確定申告?】物販ビジネスで売れ残った商品は、ちゃんと在庫処分しておきましょう。

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

    • 「物販ビジネスの税金はいくらくらい?」
    • 「在庫にも税金はかかるの?」

こういった疑問をお持ちですか?

物販ビジネスも売り上げは『収入』になりますので、
もちろん、確定申告をする必要はあります。

ただし、
『在庫は持っているだけでも税金がかかる』
というのは勘違いで、

売れ残ってしまった在庫は持っているだけでは税金はかかりません。

ですが、
この在庫は放っておいていいものではなく、在庫処分をすることで税金を減らすために使うことができるので、

このページでは、
物販ビジネスにかかる税金と、在庫に税金がかからない理由、

また、
売れ残ってしまった在庫を処分して、税金を減らす方法をお話してきます!

ぜひ最後までご覧ください^^

物販ビジネスも確定申告が必要です。


物販ビジネスも確定申告が必要です。
物販ビジネスも収入になりますから、ちゃんと確定申告をする必要があります。

物販ビジネスの場合、売り上げに税金がかかってきます。

物販ビジネスに関する税金に関してはこちらのサイトで詳しく解説されていますので、
具体的な額についてはこちらを参考にしてください。

せどりや転売などの物販ビジネスの税金について専門税理士が徹底解説

大きい金額にならなければ申告する必要はないので、

外注化などをして規模を大きくしている方は、
ちゃんと申告をする必要が出てきます。

 

よくある勘違い『在庫に税金はかかりません』


よくある勘違い『在庫に税金はかかりません』
さて、
ここからは在庫にかかる税金についてお話していきます。

時々、
「売れ残っている在庫にも経費がかかるのですか?」という質問をいただくのですが、

在庫に関しては、持っているだけなら経費はかかりません。

ただ、
売れないほど損傷している在庫であれば、『在庫処分』をする必要があります。

具体的に解説していきましょう。

在庫に『税金はかかりません』

先ほどもお話した通り、
物販ビジネスは売り上げに税金がかかります。

在庫を持っているだけだと、売り上げにはなっていないので税金はかかりません。

ただし、『在庫処分』はしておいた方がいいですね。
売れ残ってしまった商品は何とかして在庫処分をすることで、税金を減らすために使います。

ネットにはいろいろな論争があって、
「在庫は持っているだけでも税金がかかるから、在庫処分をする」
という意見も目にすることがあるのですが、

在庫処分は、在庫に税金がかかるからやっているわけではありません。

在庫処分で税金を減らすことができます。

在庫に税金はかからないので大丈夫なのですが、

売り上げに関しては税金がかかるので、
在庫処分によって税金を少なくする方法があります。

やはり、
物販ビジネスを数年行っていると、どうしても売れない商品が残ってしまうことがあります。

この場合、
在庫を処分して、『利益を減らす』ことで物販ビジネス全体にかかる税金を減らすことができます。

 

例えば、

1万円で仕入れたバッグが残ってしまった場合、これは『資産』として残っている状態です。
このバッグを赤字になっても仕方がないと、8000円で売ったとしましょう。

これだと、仕入れが1万円で8000円で売るので、
売り上げはマイナス2000円になりますよね。

これで、2000円分の税金を減らすことができます。

このように、
赤字になっても大丈夫なので、売れ残りは安く売って税金を減らすことに使っていきます。

ただ持っていても場所をとるだけですし、
このように処分した方がキャッシュフローの改善にもつながるのです。

 

売れ残った在庫を処分するコツ


れ残った在庫を処分するコツ
ここからは、在庫処分についてのコツを解説していきます。

中古ブランド品転売で売れ残りが出た場合を想定してお話していきますので、
参考にしてみてください。

販売先のセールを使って在庫処分をする

あなたが使っているプラットホーム(ヤフオクやAmazonなど)では、
決まった時期にセールを行っている場合があります。

これをうまく使うことで、在庫処分をすることができます。

やり方は、
売れ残っている商品を赤字になる値段まで安くすることで、セールのトップにあなたの商品を掲載してもらうことができます。

トップに掲載されればかなりの確率で売れていくので、まずはこれをやってみましょう。

ネットで販売することができれば、一番高く売る方法になりますので、
赤字の額も減らすことができます。

自分のネットショップを持っている方なら、
このセールから自分のお店にお客さんを誘導してセールを行えば、

さらに商品が多く売れていきます。

業者に買い取ってもらう

ほとんどのケースなら、セールを使って在庫処分をすることができるのですが、
それでも売れ残ってしまう商品がたまにあります。

そういったものは、在庫を買い取ってくれる『買い取り業者』を使います。

ネットで処分するよりも値段は下がってしまいますが、
どうしても売れない商品はここで買い取ってもらいましょう。

ブランド品転売なら、古物市場に持っていくのがベストです。
実物を見て値段を決めてもらえるので、ここで売れる場合が多いです。

1円オークションで売る

業者の買い取りでも処分できなかった場合は、
1円オークションに出品してみるのも手です。

いくらボロボロの商品でも、1円以上の価値があれば入札されます。

ただし、
ここまでくるとかなり安く買われてしまうことになります。

ですが、1円も値段がつかないよりはマシです。

1円オークションまで来ても売れなかった商品は、もうどこに持って行っても売ることができないので、
処分するしかありません。思い切って捨ててしまいましょう。

 

【まとめ】在庫に税金はかかりません。処分していきましょう!


売れ残った在庫を処分するコツ
さて、今回のまとめです。

今回のまとめ物販にも税金はかかります。
・ただし、在庫は資産なので税金はかかりません。
・在庫処分をすることで、全体でかかる税金を減らすことができます。
・何とかして在庫を処分、最悪は破棄しましょう

家電量販店などに行くと、
たまに『決算セール』をやっていますよね。

あれは、
在庫を赤字で処分して税金を減らすためにやっているということなのです。

在庫を抱えているだけでは税金をとられませんので、
そこはご安心ください。

商品が売れ残ってしまった場合でも、税金を減らすために使うことができます。

参考にしてください^^

 

それでは!今回は物販ビジネスの税金についてお話しました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

【これから物販ビジネスをはじめてみたい方は、こちらも合わせてご覧ください】

【入門】初心者向け物販ビジネスの始め方【リサーチ方法や仕入れ方など】

関連記事

  1. 物販ビジネスのやり方と、今オススメの手法

    【入門】初心者向け物販ビジネスの始め方【リサーチ方法や仕入れ方など】

  2. 商品が売れない アイキャッチ

    【売れない】物販で商品が売れない原因と、解決するテクニック

  3. 物販コンサル アイキャッチ

    【一番安全】物販ビジネスは、絶対にコンサルを受けて学べ!

  4. ヤフオク無在庫転売の今後 カバー画像

    【ツールが使えない】ヤフオク無在庫転売の現状と、今後も物販で稼ぐための…

  5. 物販ビジネス アイキャッチ

    【稼げなくなる?】物販ビジネスの将来性を考えてみました!

  6. 【資金がない!】物販で仕入れ資金がない時の簡単な解決方法

  7. 物販ビジネス準備 アイキャッチ

    【必要!】物販ビジネスは、パソコンとクレカがあれば始められます。

  8. 【オススメの本】shinnが読んで満足した、物販を勉強できる書籍3選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives