貯金箱

複数のキャッシュポイントを構築して、生活をより安定させる方法

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

 

サラリーマンのほとんどの人は
会社からの収入だけで生活しています。

サラリーマンだけでなくても
収入源が一つだけ。という人は多いと思います。

 

つまり、
たった一つの収入源が消えたら
生活ができなくなってしまう恐れがあるわけです。

キャッシュポイントが1つと言うのは
かなりリスクがあります。

 

そして、
これから日本は、大きく変わっていきます。

オリンピックに、AIに。
今ある仕事がなくなったり
新しい仕事が生まれたりするでしょう。

もし、今の仕事がなくなってしまったら…
考えると、ゾッとしますよね。

 

そこで!

今回は複数のキャッシュポイントを構築して
生活をより安定させる方法について書きたいと思います!

 

一つだけで生活するのは、リスクが大きすぎます。
ぜひ、安心して人生を過ごしていくために
この記事を参考にしてください^^

 

あなたの生活は、リスクが大きすぎる!?


ちなみにですが
僕のメインのキャッシュポイントは、4つあります。

この安心感は大きいです。

 

もし、どれか一つがダメになったとしても
他の部分で、収入を得続けることができて、

その間に、ダメになった収入源を修復したり、
新しいキャッシュポイントを作ることだってできます。

 

ほとんどの人は
生活を、1つの収入源に頼って生活していると思いますが、

もし、ある日突然、
例えば、リストラにあったとか、

いきなり収入がゼロになってしまったら…

 

少しの間は、貯金があればしのげます。
ただ、それにも限りがあるわけです。

貯金がある間になんとかできればいいのですが、
なんとかできなかったら…

 

収入源が一つだけと言うのは
何かと不安が付きまとうものです。

 

安心した生活を送るためには
複数の収入源を構築しておくことです!

 

複数のキャッシュポイント


複数の収入源があれば、
一つダメになっても、収入を得続けることができます。

貯金だけに頼ってしのぐより
はるかに安全です。

 

複数の収入源を持つことで得られるメリットは、

・収入が上がる
・リスクを減らせる

この2つが一番大きいです。

そうです。
そもそも、複数の収入源があれば
収入自体が上がります!

 

生活ができなくなるリスクを減らして
おまけに収入が上がっていく。

いいことだらけですね!

 

ただ、
いざ構築しようとすると、難しいのが現実です。

と言うのは

新しいキャッシュポイントをえるには
まず『情報』を仕入る必要があります。

 

どうやったら作れるのか?
どのビジネス(投資)がいいのか?
初心者でもできるものは?

などなど
情報を仕入れてこないと、何も始まりません。

 

しかし、世界は情報であふれかえっています。

使える、良質な情報もあれば
あまり使えない情報もあります。

めったにありませんが、
詐欺っぽいのもあります。

 

情報であふれかえっている世界から
あなたにあった、使える情報を仕入れるのは、
初心者には正直難しいです。

 

では、正しい情報を仕入れるためにはどうすればいいのか?

 

情報の仕入れ方には、3つの方法があります。

その3つについて、こちらの記事で詳しく解説してありますので
ぜひ、合わせてご覧ください^^

『キャッシュポイント』収入源を増やすときに一番重要視するべきこと


僕が複数のキャッシュポイントを作れた理由、
なぜ、良質な情報だけを手に入れられるのか?

などなど
僕の成功談を踏まえて解説してありますので
きっと、参考になります!

 

それでは!今回はこのへんで。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. 自己啓発は無駄じゃない アイキャッチ

    自己啓発本は、無駄ではありません!【ただし、正しく読みましょう】

  2. 人脈

    『人脈がほしい!』人脈を作る3つのステップ

  3. 集中

    『早く結果を手にするために』集中力を高めるコツ

  4. 自分でお金を稼ぐスキル アイキャッチ

    自分でお金を稼ぐスキルは、1ヶ月あれば身につきます【将来安心】

  5. 忙しい人

    『脱サラ』時間のないサラリーマンが、脱サラに向けて準備する方法

  6. セミナーの様子

    『実は損!?』無料セミナーと有料セミナーの違いと、セミナーの見極め方を…

  7. 習慣化

    『継続して成功!』苦手なモノを続けられるようにする方法

  8. たくさんの本

    『成長の高速化』ノウハウやマインドを頭に自動で書き込んでいく方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives