物販ビジネスでAmazon アイキャッチ

【FBAが魅力】物販ビジネスでAmazonを使うメリット

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

    • 「物販ビジネスでAmazon?」
    • 「どうやって使うの?」
    • 「Amazonを使うノウハウってどんなもの?」

こんな疑問をお持ちですか?

Amazonは世界一の市場規模を誇る通販サイトで、
お客さんがひしめき合っているので、使わない手はないです!

後ほどお話しますが、
Amazonには『FBA』というサービスがあるので、

これを使うと、物販の面倒な作業をAmazonにお任せすることができます。

 

このページでは、
Amazonで物販ビジネスを行う方法、

また、Amazonで売れる商品を少しだけお話していきます!

ぜひ、最後までご覧ください^^

Amazonを使った物販ビジネスとは?


Amazonを使った物販ビジネスとは?
さて、
Amazonを使った物販ビジネスについて解説していきます。

Amazonは、基本的に『販路』として使います。
仕入れ先としてAmazonを使うことはあまりありません。

Amazonは、売り場として使う

Amazon.comは世界一の規模を誇る販売市場です。
この記事を読んでいるあなたも、一度はAmazonを使ってお買い物をした経験があると思います。

Amazonを物販ビジネスの売り場として使う人が多いのは、
とにかく大きい市場で、それだけ見込み客も多いと考えているからです。

 

物販ビジネスに限らず、ビジネスで特に難しいのが『集客』です。

一からネットショップサイトを作って物販ビジネスを行うとしたら、
この集客に膨大な時間を使うことになります。

時間を使ったとしても、集客ができる人はほんの一握りです。
覚えるべき専門知識が多すぎて、断念してしまう人がほとんどですからね。

「だったら、すでにお客さんが集まっている場所で売った方がよくない?」
と言うのが、Amazonを使う理由なのです。

すでに集客が終わっているAmazonで商品を出品すれば、
すぐにお客さんの目に止まり、売却することができます。

なので、
基本的に、Amazonは売り場として使います。

Amazonで売れるものは実にさまざま。ですが…

Amazonだったら、多種多彩なジャンルで商品を出品することができます。(出品規制がないものに限る)

これは、Amazonが取り扱っている商品のジャンルが豊富で、
基本的には、何を出品してもそれを求めるお客さんは確実にいるからです。

 

もちろん、
「ニーズの大きさ」というのは重要です。

いくらお客さんが集まっているAmazonとはいえ、ニーズのないものを出品し続けたら売れません。

僕が推奨している、

    • 中古ブランド品
    • 革靴
    • ジャンク品

こういったなら、Amazonでもニーズがあるので売れる傾向があります。
特にジャンク品はよく売れますね。

ただし、
このなかにも、Amazonでは売れにくい商品というものがあるの、
ここはリサーチする必要があります。

 

Amazonで何を売ればいいのか?


Amazonで何を売ればいいのか?
さて、
物販ビジネスで、Amazonは販路として使うということがお分かりいただけたと思います。

次に、
「何を売ればいいのか?」というポイントについてお話していきます。

オススメは『ジャンク品』を売る

僕の物販チームで検証しているのですが、
Amazonの場合だと、ジャンク品が良く売れる傾向があります。

後ほど解説する、Amazonの『FBA』というサービスとジャンク品をかけ合わせることで、
作業を効率化することができます。

流れとしては、
リサイクルショップなどで仕入れ→FBAに送る→売れて利益確定、
こんな感じです。

 

なぜジャンク品が売れるのかと言うと、

たとえば、「パソコンのACアダプターが壊れたから代わりになるもの」
とか、
「テレビのリモコンが壊れたから安く買いなおしたい」

という方がAmazonで商品を探していて、

こういったときに安くて使えるジャンク品を提供すれば、
かなりの確立で売ることができます。

Amazonで売れる商品を調べるリサーチツール

あと、
Amazonで売れる商品をリサーチするツールがあります

それが、『アマコード』というアプリで、
スマホ一つあれば使うことができます。

アマコードはジャンク品転売を行う場合に使うツールで、
商品のバーコードを読み込むことで、その商品がAmazonでどのくらいの値段でいくつ売れているのかなどを調べることができます。

商品を仕入れる際に、これで見込み価格を調べることができるので、
売れ筋商品を見つける参考にしてください。

アマコードのダウンロードはこちら(iPhone)

アマコードのダウンロードはこちら(android)

家でリサーチをする場合は、
モノレート』というサイトを使ってみてください。

これでも売れ筋商品を調べることができます。

モノレートはこちら

 

物販ビジネスでAmazonを使うメリット


物販ビジネスでAmazonを使うメリット
続いて、
物販ビジネスでAmazonを使うメリットについてお話ししていきます。

メリット1 『AmazonのFBAを使うことができる』

AmazonのFBAを使うことで、
物販ビジネス全体の作業を効率化することができます。

FBAとは、
Amazonがあなたに代わって、商品の管理や梱包、売れた時の配送を行ってくれるサービスです。

これは、
あなたが仕入れてきた商品をAmazonの倉庫に送っておくことで、
売れた後の作業を全てAmazonが行ってくるという仕組みです。

さらに、
返品の対応もやってくれるので、クレーム処理などの手間も省くことができます。

物販ビジネスの規模が大きくなると、それだけ販売する商品を管理するのが大変になってきますよね。
そんな時にFBAを使うことで、ビジネス全体を効率化することができます。

FBAについてはこちらでAmazonが詳しく解説しています

メリット2『売り上げ入金のスピードが速い』

Amazonで商品を売却して、その利益があなたに届くスピードですが、
Amazonの場合、入金は2週間ほどです。

売り上げ入金のスピードが速いので、
クレジットカードで仕入れをして、Amazonで販売することによりキャッシュフロー(お金の流れ)を上げることができます。

ただ、
Amazonよりもヤフオクのほうが入金スピードは速いので、

Amazonとヤフオクをバランスよく使うのがいいかと思います。

ですが、
アフィリエイトの入金が1ヶ月以上かかるのに対して、
Amazonなどの物販は長くても2週間で売り上げが入金されるので、

初期費用があまりない方はこういった方法をつかって資金繰りをするのが良いですね。

 

【まとめ】物販ビジネスで、Amazonは『販路として使える』


【まとめ】物販ビジネスで、Amazonは『販路として使える』
さて、今回のまとめです。

今回のまとめ

Amazonは販路。仕入れには使わない。
Amazonは市場規模が大きく、お客さんが集まっている。
ジャンク品がオススメ。
FBAを使うと、作業が効率化できる。

あなたの物販ビジネスにAmazonを組み込むなら、
FBAが一番の目玉になるのではないでしょうか。

僕のところでも、
ジャンク品を仕入れまくって、Amazonの倉庫に送りまくっています笑

 

売れるジャンルは豊富ですが、
ニーズは重要になってくるので、ここはしっかりリサーチしましょう!

ジャンク品などの電化製品は売れる傾向があります。
ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

それでは!今回は物販ビジネスでAmazonを使うことについてお話しました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

【これから物販を始めたいと思っているからはこちらをあわせてご覧ください】

【入門】初心者向け物販ビジネスの始め方【リサーチ方法や仕入れ方など】

【物販に関する質問は、僕の公式LINEで受け付けています!】
友だち追加

関連記事

  1. 【資金がない!】物販で仕入れ資金がない時の簡単な解決方法

  2. ネットで転売 アイキャッチ

    転売はネットだけで完結させることができるのか?【ネットで仕入れてネット…

  3. 中古ブランド品転売 アイキャッチ2

    【これから流行る!】中古ブランド品転売の概要と、具体的な稼ぎ方について…

  4. 物販ビジネス準備 アイキャッチ

    【必要!】物販ビジネスは、パソコンとクレカがあれば始められます。

  5. 学生転売 アイキャッチ

    学生時代に転売を始めるメリット【絶対にやっておくべき!】

  6. 特殊な仕入れ先で利益を伸ばす アイキャッチ

    【特殊な仕入れ】特殊な仕入れ先を使って、物販ビジネスの利益を伸ばす戦略…

  7. ブランド品ヤフオク仕入れ アイキャッチ

    ブランド品転売は、ヤフオクで仕入れる!【特殊ルートも紹介します】

  8. 【難しい?】物販ビジネスの難易度と、稼げない人の原因を解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives