ジャンク品転売概要 アイキャッチ

【ニッチな物販】ジャンク品転売のやり方と、低資金で参入する人におすすめの理由

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

  • 「ジャンク品転売ってなに?」
  • 「具体的にどうやるの?」
  • 「稼げるの?」

こんな疑問をお持ちですか?

ジャンク品転売
取り組んでいる人が少ない、ニッチな物販ビジネスです。

リサイクルショップなどの商品を仕入れて売っていく方法なのですが、

これが結構すごくて、
300円で仕入れた商品が7000円になったケースもあります。

僕は、
ジャンク品転売が資金のあまりない人にオススメできる、物販入門コースになるのではと思っています。

と言うのも、
300円の仕入れで利益が出せて、まだニッチということもあるので、
ライバルも少なく、参入しやすく今から始めるのにぴったりだからです。

 

このページでは、
ジャンク品転売の概要と具体的なやり方、

また、低資金で始められるオススメルートである理由をお話してきます!

ぜひ最後までご覧いただき、
物販ビジネス入門として検討してみてください^^

【概要】ジャンク品転売とは?


【概要】ジャンク品転売とは?
さて、
ジャンク品転売の概要をお話していきます。

ジャンク品とは、リサイクショップなどに行って商品を仕入れてきて、
ネットを使って販売していく手法です。

具体的に解説していきましょう。

『ジャンク品』とは?

まず基本的なポイントとして、
ジャンク品について解説していきます。

ジャンクとは『廃品』とか『ガラクタ』という意味で、
使えなくなった商品のことを言います。

これは実際にリサイクルショップに行ってもらうと見ることができるのですが、
リサイクルショップで箱に詰め込まれたケーブルやパソコンのマウスだとか、

テレビや電話機などがジャンク品として売られています。

簡単に言ってしまうと、『ゴミ』です。
ゴミ同然の扱いをされているのがジャンク品です。

ジャンク品は、『実はまだ使える』

先ほど、ジャンク品は廃品やガラクタなどの意味があるといいましたが、
ジャンクと呼ばれていても、実はまだ使える商品も混ざっています。

ジャンク品は壊れているからジャンクと呼ぶわけではなく、
「こういった状態ならジャンク品として扱う」と言う基準があって、

使えるものでもこの基準を満たしてしまうと、ガラクタとして扱われてしまうのです。

磨けばまだ使える、
修理しなくても動くというものがジャンク品コーナーには眠っています。

こういった商品を目利きして仕入れて、
ネットで利益を上乗せして売るのがジャンク品転売です。

ジャンク品転売のやり方


ジャンク品転売のやり方
ここからはジャンク品転売のやり方について解説していきます。

難しくはありませんので、
初心者でもすぐに始めることができて、早く結果を出すことができます。

リサイクルショップで仕入れてくる

ハードオフなどのリサイクルショップに行くと、『ジャンク品コーナー』と言うのがあります。
まずはここで売れそうな商品を探していきます。

ぐちゃぐちゃに置かれていますが、ケーブルやテレビ、電話機、
Wi-Fiルーターなどもありますね。

これをしっかりリサーチをして、売れるものをピックアップして仕入れていきます。

見た目こそ確かにガラクタの山ですが、
これ、慣れてくると宝の山にしか見えません。始めてみると感じるのですが、見るだけでワクワクしてしまいます笑

【ポイント】仕入れた商品をクリーニングする

ジャンク品を仕入れてきたら、クリーニングをします。

ぐちゃぐちゃに置かれていて『ガラクタ』なんて呼ばれている商品ですから、
汚れていたり、傷がついていたりします。

テープが貼ってあった跡などもありますが、多少の汚れはクリーニングできれいにすることができます。
中古ブランド品転売のリペアと似ていますね。

これをやっておくと商品により高い値段をつけることができます。

僕のところでテストをしたデータがあるのですが、
300円で仕入れてきたジャンク品がクリーニングを行うことで7000円で売れたケースがありました。

クリーニングは必須の作業になりますので、
丁寧にやっていきましょう!

ジャンク品転売のメリット】低資金の方は、資金繰りに最適!


【ジャンク品転売のメリット】低資金の方は、資金繰りに最適!
ジャンク品転売のやり方を解説しましたが、
ジャンク品転売は、「物販ビジネスをはじめたいけど資金がない!」という方に最適のビジネスになると考えています。

その理由を解説していきましょう。

『300円が7000円に』高い利益を出せる商品がある

低資金で始めるのなら、ジャンク品転売から始めるのがベストです。

と言うのも、
リサイクルショップでは300円の価値しかなかったものが、Amazonなどでは7000円で売れていることがあります。

300円で仕入れて、7000円で売れたら利益は6700円。
かなりの高利益です。

このデータから言えるのは、
仕入れ資金があまりない方でもジャンク品転売に取り組めば、限りなく少ない仕入れで大きい利益を獲得していくことができます。

資金繰りができるのです。

試しに、『アマコード』というアプリで、ジャンク品のバーコードを読み取ってAmazonの価格帯を調べてみてください。

「こんなものが高値で売れているの?」
という商品がゴロゴロあることが分かります。

アマコードのダウンロードはこちら(iPhone)

アマコードのダウンロードはこちら(android)

すぐ売れる商品を仕入れて、『回転率』を爆速にできる。

ジャンク品の中には、仕入れさえすればすぐに売れていく商品があります。

これを繰り返し仕入れて売っていくことができれば、回転率を爆速することができて少ない資金を回していくことができます。

資金が少ない場合だと、
仕入れてから1ヶ月間売れないような回転率の悪い物販ビジネスをやってしまと、すぐに資金が底を尽きてしまう場合があるのですが、

ジャンク品転売の場合、仕入れ自体が安くできるので、
確実に売れる商品を安く仕入れてきてたくさん売ることができれば資金を増やすことができます。

初心者の方で、資金があまりない方はまずジャンク品転売から取り組んでいきましょう。

【まとめ】ジャンク品転売は、低資金から参入する方におすすめ!


【まとめ】ジャンク品転売は、低資金から参入する方におすすめ!
さて、今回のまとめです。

今回のまとめ・ジャンク品転売は、リサイクルショップのガラクタを売っていく。
ジャンク品は壊れているわけではない。
・クリーニングすると300円が7000円になる場合も。
回転率を上げることができれば、すぐに資金が大きくなる。

ジャンク品転売は、低資金で物販ビジネスを始める方にオススメしています。
やはり、仕入れ資金がないのは悩みになります。大きい利益を狙いたいのに仕入れができませんからね。

はじめたばかりの頃はとにかく資金を作らないといけないのでかなり忙しくなってしまいますが、
それでもジャンク品転売ならすぐに資金を大きくすることができるので、低資金から始める人は特に前半戦を頑張っていきましょう!

 

また、ジャンク品転売は楽しいです笑

リサイクルショップに行けば、気分は宝探しをしているようなものです。

「このガラクタの山に利益1万円超える商品があるかも…」
そんなことを考えると楽しくなりますよ笑

 

それでは!今回はジャンク品転売についてお話させていただきました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

【ジャンク品転売について質問がある場合は、僕の公式LINEにメッセージを送ってください!】

友だち追加

【物販ビジネスをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください】

【入門】初心者向け物販ビジネスの始め方【リサーチ方法や仕入れ方など】

関連記事

  1. 【難しい?】物販ビジネスの難易度と、稼げない人の原因を解説

  2. 転売価格設定 アイキャッチ

    転売価格、安くし過ぎていませんか?【値下げの前にやる事】

  3. 学生転売 アイキャッチ

    大学生に転売ってできるの?【結論:絶対にやっておくべき!】

  4. 物販ビジネスでAmazon アイキャッチ

    【FBAが魅力】物販ビジネスでAmazonを使うメリット

  5. メルカリ転売中古ブランド品 アイキャッチ

    メルカリ転売は『中古ブラン品』を売れ!【今一番オススメの手法です】

  6. 物販で起業 アイキャッチ

    【実は簡単】年商1億円を稼いだ経験から見える『物販で起業する方法』 

  7. 副業で物販ビジネス アイキャッチ

    【副業】物販ビジネスを副業で始めると、月いくら稼げるようになるのか?

  8. 物販ビジネス確定申告 アイキャッチ

    【確定申告?】物販ビジネスで売れ残った商品は、ちゃんと在庫処分しておき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives