思考は現実化する アイキャッチ

【思考は現実化する】ポジティブ思考を身に着ければ、人生は自動的に良くなっていく

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

・「思考が現実化するとはどういうことですか?」
・「なぜ考えていることが現実になるのですか?」
・「より良い人生を得るためには、思考を書き換える必要がありますか?」

本記事では、このような疑問にお答えしていきます!

 

思考は現実化する

これはアメリカの著作家で、
成功哲学を提唱するナポレオン・ヒル氏が唱えているものです。

簡単に説明すると、
「あなたの人生は、あなたがイメージしている通りになる」
ということです。

お金持ちになるイメージがある人はお金持ちになり、
貧乏になるイメージがある人は貧乏になる。

このように、
思考で現実が作られて、人生が決まっていくというのが、ナポレオン・ヒル氏の主張です。

 

これはまさしくその通りで、
僕自身、思考をプラスの方向に切り替えていくことで、人生をより良いモノにしてきました。

思考が変わらなければ、人生は変わらない
これが、僕の持論です。

 

このページでは、
思考が現実化する意味とその理由、

また、この仕組みを利用して人生をより良いモノにしていく方法を解説していきます!

本記事で、あなたの人生の『全て』が変わります。
ぜひ、最後までご覧ください!

『思考が現実化する』とは?


『思考が現実化する』とは?
まず、
『思考が現実化する』とはとういうことなのでしょうか?

具体的にお話してきます。

ナポレオン・ヒル『思考は現実化する』

まず、
「思考は現実化する」と唱えているのはナポレオン・ヒル氏です。
成功哲学界ではかなりの有名人です。

ナポレオン・ヒル氏は鉄鋼王カーネギーから、世界中の成功者を調査して共通する成功法則を見つけるように依頼されます。

そして、
経済的成功や社会的成功をしている人たちを調査した結果、

成功者には『共通点』が見つかりました。

それが、思考と結果の関係性です。

人生は、その人がイメージした通りになる

ナポレオン・ヒル氏の主張は、
「私たちが頭でイメージしていることは、現実になって表れる」というものです。

つまり、

ポジティブなイメージを持っている人の人生はどんどんより良い人生になっていき、
ネガティブなイメージを持っている人は、どんどん悪い人生を手に入れていくということです。

「おれはモテる!」と思っている人はモテる人になり、
「俺はモテない…」と思っている人はモテない人間になるということです。

成功者は例外なく自分の人生にポジティブで、
思い描くビジョンがはっきりとしています。

それが現実になって、成功しているということです。

 

なぜ、思考が現実化してしまうのか?


なぜ、思考が現実化してしまうのか?
ここからは、
具体的になぜ思考が現実化してしまうのかについてお話してきます。

この『思考は現実化する』と言うのは感情論ではなく、
ナポレオン・ヒル氏の調査と、脳科学に基づいて提唱されていることなのです。

人間は、情報を脳で処理している

人間が現実を認識するとき、
全ての情報は脳で処理されています。

人間が得る情報は、

視覚
聴覚
嗅覚
味覚

など、体の各部位から脳に伝達されています。

その情報は脳で処理され、優先順位がつけられて顕在意識まで上がってきます。

情報処理の仕方で、人生観が変わってくる

実は、人生に『正解』というものはありません。

あるのは、
事実』と『解釈』です。

日々の生活を送っていれば、様々な出来事に遭遇しますよね。

学生の方なら、

・「学校でいい成績をゲットできた!」
・「部活の県大会で優勝した!」

とか、

社会人の方なら

・「仕事で評価された!」
・「出世してお給料が上がった!」

とか、
人それぞれ、様々な出来事に遭遇しますよね。

 

ただ、これをどうとらえるかは人それぞれです。

テストで80点取れたとしても、

「80点も取れた!やった!」
と喜ぶ人もいれば、
「どうしてあと20点取れなかったんだろう…」
と落ち込むこともあります。

ポジティブな人はどんな出来事が起きても「人生楽しい!」となりますが、
ネガティブな人はどんな出来事が起きても「人生つまらない」となってしまいます。

脳に送られてくる情報をどう処理するかで、
人生観が大きく変わってくるのです。

 

プラスの現実を『自動的に』生み出す思考の身に着け方


プラスの現実を『自動的に』生み出す思考の身に着け方
思考は現実化します。

これをうまく利用すると、

プラスの思考を身に着けておけば、どんな出来事が起こってもプラスにとらえることができるので、
マイナスの要素が消えて、プラスの現実ばかりを見られるようになり、

人生がどんどん、より良い方向に進むようになっていくのです。

ここからは、
マイナスの要素を取り除き、プラスの現実を得るための思考を身に着ける方法を解説していきます!

ネガティブなセルフトークを消す

セルフトークとは、あなたが心の中で自分に話しかけている言葉のことです。

いま「セルフトークってなんだ?」と思いましたよね。
それが、セルフトークです。

人間は1日に2万回以上、そのセルフトークを行っていると言われていて、
そのほとんどが、ネガティブなモノだと言われています。

例えば、

・「お腹空いたな」
・「仕事いやだな」
・「眠いな」

こういったものです。

 

「失敗しそう」とか「悪い結果になりそう」と言うネガティブなイメージを持つことで、
人間は失敗の可能性を避けてここまで成長することができたのですが、

今の時代は、失敗しても何とかなる時代になっています。

失敗を恐れていたら何もできなくなってしまいますので、
まずは、このセルフトークをポジティブなものにしていきましょう。

・「おれなら上手くできる!
・「私なら成功できる!
・「自分の人生は楽しい!

このように、意識的にセルフトークをポジティブなものにしてください。

最初は違和感を覚えるかもしれませんが、
慣れてくると、無意識でもポジティブなセルフトークができるようになります。

アファメーションで、ポジティブ思考を入れ込む

ポジティブな思考を身に着けるとっておきの方法が『アファメーション』です。

アファメーションとは、自然にポジティブな行動ができるように思考を書き換えていく作業で、
アファメーションを行うことで、セルフトークを変えていくこともできます。

 

やり方は超簡単で、
鏡の前に立って、自分に肯定的な言葉をかけてください。

・「あなたはすごい!
・「仕事ができる!
・「イケメン!
・「かわいい!

など、
とにかく自分を褒めまくってください。

『自己洗脳』をする感覚に近いです。
自分の脳をプラス思考に洗脳しちゃってください。

思考は現実化するものなので、
プラス思考に切り替えることさえできれば、プラスの結果を得ることができます。

 

【まとめ】プラス思考を身に着けておけば、自動的に現実化する!


【まとめ】プラス思考を身に着けておけば、自動的に現実化する!
さて、今回のまとめです。

今回のまとめ人生は、自分がイメージした通りになる。
物事のとらえ方が変われば、人生観が変わる!
・セルフトークを変える。アファメーションでプラス思考を入れ込む!
思考が変われば、自動的に現実化する!

ただし、
正しいプラス思考を身に着けておく必要があります。

『プラス思考を身に着けておけば、自動的に現実化する』
とお話しましたが、

それは、
『自動的に現実化する思考』を身に着けた場合の話です。

残念なことに、
プラスの思考を身に着けたのに現実化していない人たちもいます。

 

本来は自動的に現実化するはずなのに、
あるポイントが足りていないので、現実化していないのです。

自動的に人生をより良いモノにしていきたい方は、
僕の公式LINEで情報を配信していますので、ぜひチェックしていただければと思います!

友だち追加

あと、
この公式LINEの限定公開としているメールマガジンがあります。

このメールマガジンでは、
人生をより良いモノにする方法をステップに分けて配信しますので、

より確実なレベルアップを狙うことができます。

どちらも無料で配信していますので、
合わせてご覧いただければと思います^^

 

それでは!今回は思考が現実化してしまうお話をさせていただきました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. 不安を解消する アイキャッチ

    ストレスや不安を解消する方法【不安の種を取り除きましょう!】

  2. 【プライドの捨て方】プライドを捨てると自由ですし、飛躍的に成長できます…

  3. 断ち切るべき悪習慣 アイキャッチ

    凡人で終わらないために断ち切るべき悪習慣【習慣は運命】

  4. プラスのモチベとマイナスのモチベ アイキャッチ

    モチベーションには、プラスとマイナスがある話【モチベの正体】

  5. 質問マーク

    『稼げない…』ビジネスの基本を理解すると、結果がスムーズに…

  6. お金

    自分を否定するところから、稼げる脳は作られる。

  7. 成功者の考え方 アイキャッチ

    成功者の考え方を根こそぎ吸収する方法【マインドセットの極意】

  8. 鉛筆を噛む女性

    『継続は成功のへのカギ!』たかい集中力を得る方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives