面接対策 アイキャッチ

就活で効果絶大の面接対策!【コミュニケーションの真実】

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

・「就活で使える面接テクニックが知りたい!」
・「どんな対策をすればいいの?」
・「コミュニケーションが苦手で、面接が不安です…」

本記事では、このような疑問にお答えしていきます!

 

就活と言えば、エントリーシートとか服装とかいろいろ対策しないといけないポイントがありますよね。

その中でも就活生の頭を悩ませているのが面接対策。

志望動機を考えてカンペを作って暗記して…
そういった対策をしている学生さんが多いと思いますが、面接対策はコミュニケーションというものの基本を理解することが一番重要です。

いかに面接官に好印象を与えることができるのか?それが面接の勝負です!

まず、面接官について考えましょう。


まず、面接官について考えましょう。
まず、面接官について考えてみましょう。

面接官はあなたのどこを見て何を判断していると思いますか?「学歴や資格!」と思っている方は要注意です。確かに学歴なども見られていますが、もっと本質的なモノを見ていることが大半です。

学歴や資格もいいですが…

「学歴が高いから安心!」
「資格をたくさん持っているからバッチリ!」

こう思っている学生さんは要注意です。

こういったものだけで判断するなら、エントリーシートだけで採用を決めればいいですよね。わざわざ時間を割いて面接を行う必要はありません。

では、なぜ面接を行って判断しているのかと言うと、あなたの人間性を見るためなのです。

面接官はあなたの人間性を見ています

企業は優秀な人材を探しています。その優秀な人材とは、スキルを持っていること以外にも、

これから伸びる可能性がある人
一緒に仕事をしたいと思える人
熱意がある人

なども含まれています。

いくら学歴が高くても、資格をたくさん持っていても、「給料がよさそうだったので面接に来ました!」という人は採用されません。

エントリーシートでは分からない、一緒に仕事をしたいと思える人を面接で見極めているのです。

面接官も人間です←これ重要です

面接官は人間性を見ていますが、「こういった人間性ならOK」という判断基準があるわけではないのです。面接官も人間ですので、その場で好印象が持てた就活生にOKを出すのです。

なので、面接で重要なのは面接官に好印象を持ってもらうことです。

面接対策の目的をざっくりまとめると、面接官に好かれれば内定をもらえるということになります。

本記事では、この『面接官に好印象を持ってもらう方法』をメインにお話していきます。

 

【対策編】就活性が気を付けるべき面接のポイント


【対策編】就活性が気を付けるべき面接のポイント
就活性が気を付けるべきポイントはいくつかありますが、コミュニケーションの分野で言うなら、

外見はきれいに。
敬語以外の話し方に注意する。
下書きを暗記していかない。

この2つのポイントは特に注意してください。

『外見』は超重要

まず外見についてです。

就活生のほとんどはリクルートスーツを着て面接に行くと思いますが、それ以外にも髪型や爪、靴などにも気を使ってください。

彼女とデートに行くくらいの気持ちで外見を整えておきましょう!

先ほど面接官も人間だとお話しましたが、人間は他人の印象をほとんど外見だけで判断しています。『メラビアンの法則』と言うのですが、実に70%以上は外見(視覚情報)で人間性を判断されてしまいます。

よれよれのスーツを着ていたり、髪型が整っていなかったりすると悪印象を与えることになってしまいますので注意しましょう。

敬語を使う以外の話し方に注意!

面接官と話すときに、敬語の使い方には気を使っている人が多いと思うのですが、これだけでは足りません。むしろ、覚えてたての敬語をむやみやたらに並べた会話だと悪印象を与える可能性もあります。

先ほど人間は外見で印象のほとんどを決めてしまうとお話しましたが、その次に重要なのが話し方(聴覚情報)です。メラビアンの法則だと、印象の20%が聴覚情報で判断されています。

これは簡単なテクニックなのですが、少し高い声で会話をするようにしてください。低くどもった声よりは印象が良いです。

そのほかには、ちゃんと自分の考えが伝わるようにわかりやすく話したり、難しい言葉を使いすぎたりしないようにしましょう。

面接は『会話』です。テンプレート任せは危険!

先に下書きを作っておいて、丸暗記して面接に挑む就活性も多いのですが、これ一番危険です。面接で緊張してテンプレートが飛んでしまうと何も話せなくなってしまいます。

これは考え方の問題です。面接は覚えたことを『発表』する場ではなく、面接官と話す『会話』の場です。しっかりと会話をして自分の考えを伝えることが重要です。

「覚えてきたことを忘れたらどうしよう…」と不安になる就活性も多いと思うのですが、ある程度話すことを決めておいて本番はただ会話をするだけと考え置けば不安も小さくなります。

 

面接コミュニケーションが苦手な方へ


面接コミュニケーションが苦手な方へ
「私コミュ症で…」と思っている方にとって面接はこれ以上ない不安を与えてくるものですよね。

大丈夫です。今からでもコミュニケーションスキルは改善することができます。

あがり症は『慣れ』で改善できます

人と話すときに緊張してしまう人は、とにかく初対面の人と会話の練習をするようにしてください。

あがり症を改善するためには、とにかく量をこなして慣れていくしかありません。慣れることが一番簡単で早い解決策になります。

面接の練習も、大学生の方なら教授に頼んで練習したり、キャリアセンターに行って面接練習の場を探して練習してください。練習を積み重ねれば自然となれてきます。

僕ももともと人と話すのが苦手だったのですが、量をこなすことを意識して練習していたら自然と話せるようになりました。僕以外でも、ほぼ全ての人は練習して話すことになれているので、人前でもうまく話せるようになっているのです。

コミュニケーション『能力』と『スキル』について

コミュニケーションには、

・コミュニケーション『能力
・コミュニケーション『スキル

この2つがあります。能力と言うのは生まれ持ったもので、生まれつきあがり症でうまく話せない人は能力が低いということになります。

残念なことに、能力を改善するのは難しいことなのですがスキルは今からでも改善することができます。上がり症の方はたくさん練習して話すことになれる(人前で話すスキルを磨き上げる)ことで能力をカバーすることができます。

コミュニケーションスキルと言うのは、相手のことを論理的に考えてコミュニケーションを武器として使える状態にしているもののことをいます。コミュニケーションスキルを身に着けることが面接の最高の対策になりますので、この機会にコミュニケーションスキルについて勉強してみてください。

コミュニケーションスキルについては、僕が『1億円稼ぐ最強の話し方』という書籍を出版しました。面接でも使えるコミュニケーションの全てを書き込んでおきましたので、興味のある方はぜひお手に取って頂ければと思います。

 

【まとめ】面接は心理戦!テンプレートなどでは勝てません。


【まとめ】面接は心理戦!テンプレートなどでは勝てません。
さて、今回のまとめです。

今回のまとめ面接官はあなたの人間性を見ている!
外見が重要です。汚い外見は面接で落ちます。
テンプレートに頼らない話し方を身に着けましょう。
・コミュニケーションスキルは、慣れていけば誰でも身に着けることができます。

まずは外見から変えていくのがオススメです。髪を切ったりスーツにアイロンをかけるのは誰でも簡単にできますからね。そして一番効果のある面接対策にもなります。

後はしっかり会話をしてください。面接は会話ですので、覚えたことを丸々発表するでは良い対策とは言えません。会話は量をこなすことでうまくなりますので、量を意識して練習していただけたらと思います!

就活生の皆さん、かんばってください!

 

それでは!今回は就活の面接対策についてお話させていただきました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. 大学生がバイトなしでキャンパスライフ アイキャッチ

    【バイトはしない】大学生がバイトなしでキャンパスライフを送る作戦

  2. 人見知りでバイトできない アイキャッチ

    人見知りがバイト以外で月10万円稼ぐ方法【バイトはできない!】

  3. 自分らしく生きる アイキャッチ

    明日から自分らしく生きる方法【常識と呼ばれているものは疑え】

  4. 就活しない生き方

    【就活はするな!】今からでも実現できる「就活しない」生き方を解説します…

  5. 大学生起業 アイキャッチ

    【大学生社長!】起業は大学生でもかんたんにできます!

  6. キャッシュポイント アイキャッチ

    キャッシュポイントを増やして、生活のリスクを減らす!【収入の安定化】

  7. 大学生バイトするな アイキャッチ

    大学生がバイトをするのはオススメできない【貴重な時間が無駄になります】…

  8. 脱苦学生 アイキャッチ

    【脱苦学生!】お金がない大学生が自由を手にするには、これをやってみてく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives