成功者習慣化 アイキャッチ

『習慣化』は成功者に共通している最強スキル【習慣化のコツ】

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

・「いい習慣を身に着けたい!」
・「継続してやりたいことがあるけど、なかなか続かない…」
・「習慣化のコツとかありますか?」

本記事では、このような疑問にお答えしていきます!

 

早起きとか毎日のジョギングとか、よい習慣を持つことは大切。これは誰もが思っていることですよね。

ですが、いざ実践してみるとうまくいかないものです。挫折したりそもそもやらなかったりで習慣が身につかず悩んでいる人も少なくありません。

『習慣』と『成功』は密接な関係があります。世の中の成功者と呼ばれている人たちは、自分の習慣を大切にしているのをご存知ですか?

僕は習慣を作ることを『自動成功装置』を作ることだと考えています。後ほど詳しくお話しますが、良い習慣を作ることが出来れば自動的に成功へ向かっていくことができるのです。

本記事では良い習慣を持つコツについてお話していきます。

【動画で見たい方はこちら】

習慣化の仕組み


習慣化の仕組み
いい習慣を持つと成功へ自動的に進んでいくことができるとお話しました。まずはここから詳しくお話していきましょう。

ホメオスタシス

ホメオスタシス』というものをご存知でしょうか?これは人間に備わっている1つの機能です。

人間は日々の生活や自分自身が変わらないように、同じことを保つと言われています。この機能がホメオスタシス(恒常性維持機能)です。良い習慣を持っていればこの機能により毎日同じように繰り返していくことができます。

良い習慣が繰り返されることで、自動的に成功へ近づいていくことができます。逆に悪い習慣を持っている人は、自動的に失敗へ近づいてしまいます。

成功と習慣

成功者は自分の習慣を大切にしているとお話しました。成功したいのなら、成功するために必要なことを習慣にしてしまうことが大切です。

習慣とは「それをやるのが当たり前」というものです。歯磨きとか食事とかですね。習慣は意識していなくても繰り返していくことができるものなので、成功するために必要なことが習慣になっていれば、勝手に繰り返し取り組むことができます。

成功者は自分の行動を習慣化して、確実に実行できるようにしているのです。なので、自動的に成功することが出来ているのですね。

 

成功者も実践した、習慣化のコツ


成功者も実践した、習慣化のコツ
ここからは、良い習慣を持つためのコツをお話していきます。

何かを習慣化させるためには『習慣化するための仕組み作り』をしましょう。仕組みを作れば気合があまりなくてもできるようになりますし、自分の気持ちに嘘をついて嫌々やることもなくなります。

習慣化するための仕組み作りは5つのステップに分けてお話します。

ステップ1『目的の明確化』

まずは、なぜ習慣化したいと思ったのかを確認しましょう。明確な目的があるのとないのとでは大きい差があります。

早起きを例に挙げてみましょう。なぜ早起きを習慣化したいと思ったのかを考えます。

例えば、

・早起きすれば朝ゆっくりできる。
・会社に遅刻しなくなる。
・遅刻しなければ上司に怒られることもなくなる。

こういった感じですね。なぜやりたくなったのか?それができたら何を得ることができるのかなどを明確にしましょう。

楽しいこと(ゲームなど)は目的を明確化しなくてもできてしまうことで素が、早起きなどはどちらかと言うと嫌なものです。そういった嫌な気持ちに勝つためには、目的を明確化してモチベーションにつなげていきましょう。

ステップ2『行動の細分化』

次に、行動を細分化していきます。具体的に何をするのかを考えていきましょう。

これは朝の筋トレを例に挙げて解説します。こういったことっていざやろうとすると体が動かないものですよね。この体が動かない原因はやることが明確になっていないからです。
やることが明確になっていればあとはやるだけですが、明確になっていないと「まずはあれからやって….次はこれで…」と頭の中がゴチャゴチャしてしまい結局別のことをやってしまいます。

朝の筋トレなら、

・目覚ましをセットする
・起きたら目覚ましを止める。
・起き上がる
・ジャージに着替える
・筋トレ用のマットを敷く
・筋トレをする。

こんな感じでやることを細分化してみてください。この細分化するときのコツはなるべく判断をしないようにすることです。「どのジャージ着ようかな…」というような判断はあまたをゴチャゴチャさせてしまいます。

ステップ3『スケジューリングorルール化』

早起きや筋トレなどの習慣化させたいことが決まったら、前もってスケジューリングしておきましょう。

Googleカレンダーや手帳に書き込んで、「一つの大事な予定」としておきます。他の予定があっても優先させるものにしておきまそう。

スケジューリングする以外の方法だと、ルール化するのもありです。「朝起きたら何があっても筋トレをする」とか「電車に乗っている時は必ず読書をする」という感じでルールにしてしまうのもありです。

ステップ4『ベイビーステップで行う』

これが一番大事なポイントです。習慣化させたいことはベイビーステップで無理をせずにちょっとずつやっていきましょう。

いきなりガッツリやってしまうと継続しません。朝の筋トレでいきなり腹筋300回!なんてやったらモチベーションにつながらないと思います。

これは習慣化で一番多い失敗例です。「ちまちまなんてやらないで一気にやるぜ!」と言うのは続きません。いあり始めて続けることが重要ですので、最初は簡単な事からはじめて時間をかけてゆっくり難しいことにチャレンジしていきましょう。

ステップ5『周りを巻き込む』

これは習慣化をより確実に成功させるためのコツです。習慣化させたいことを周りに宣言しておきましょう。

他人に宣言すると行動できるものです。家族に「今日から早起きする!できなかったら1回につき罰金をあげる!」みたいなルールを作れば行動力爆発ですよね笑
これ非常に効果的ですので、ぜひやってみてください。

僕の場合だと、朝の人トレをすることを親友に宣言して、毎朝筋トレの様子を写真にとって送っていました。「勝手に送り付けるから見て!」みたいなことを言って頑張りました笑

家族や友人に宣言する以外にも、TwitterなどのSNSで日々の行動をツイートするのもいいですね。ツイートが途絶えればさぼっているのがばれてしまいます。それは避けたいので行動できるということです笑

 

【まとめ】習慣化のコツは、仕組み作り


【まとめ】習慣化のコツは、仕組み作り
さて、今回のまとめです。

今回のまとめ習慣化のコツは、仕組み作り。
・目的を明確にする(習慣化すると何が起こるのか?など)
・やることを細分化する。
・スケジューリングorルール化する。
・ベイビーステップで行う。
・周りを巻き込む(やることを宣言する)

仕組みを作っておけば、自然と習慣化することができるようになります。大体3週間もあれば体に馴染んできて、意識しなくてもできるレベルになれると思います。

習慣を作れば自動的に成功です!逆に悪い習慣を持つと自動的に失敗してしまいます。まずは良い習慣を作ってスムーズに成功へ向かっていきましょう^^

 

それでは!今回は習慣化のコツについてお話させていただきました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. たくさんの本

    『成長の高速化』ノウハウやマインドを頭に自動で書き込んでいく方法

  2. クリエイティブな人間 アイキャッチ

    クリエイティブな人間になるステップ【アイディアが閃く!】

  3. 自己啓発は無駄じゃない アイキャッチ

    自己啓発本は、無駄ではありません!【ただし、正しく読みましょう】

  4. 勉強

    『セミナーの極意』セミナーの全てを吸収して、結果につなげる方法

  5. 稼げない アイキャッチ

    真面目に勉強したのに稼げない人の原因【あと一歩で稼げます!】

  6. 忙しい人

    『脱サラ』時間のないサラリーマンが、脱サラに向けて準備する方法

  7. 人脈を広げる アイキャッチ

    一人も知り合いがいないところから、人脈を築く方法【人脈は財産】

  8. セミナーの様子

    『実は損!?』無料セミナーと有料セミナーの違いと、セミナーの見極め方を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives