転売古物商 アイキャッチ

古物商を取らないと転売はできないの?【ケースバイケース】

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

・「古物商って何ですか?」
・「古物商がないと転売はできないんですか?」
・「古物商を取得するメリットってありますか?」

本記事では、このような疑問にお答えしていきます!

 

転売のことについて調べていると出てくる『古物商』。これは中古品をビジネス目的で販売する業者のことを言います。

本記事で詳しく解説していきますが、中古品を販売する場合は古物商の許可を申請する必要があります。

また、古物商の許可は持っておくと転売で有利になれますので、転売で本格的に稼いでいきたい方は先に取得しておくことをオススメします。

古物商とは?


古物商とは?
古物商とは、中古品をビジネス(営利)目的で仕入れて販売する業者のことを言います。

中古品を販売する際に許可が必要

中古品を仕入れて販売する際には、古物商の許可が必要になります。

メルカリなどで中古品を販売する古物商もいますが、それ以外にも中古品をレンタルしてお金をもらう場合などにも古物商が必要になります。中古のビデオを集めて半場する場合などですね。

古物商をやるためには、『古物商の許可』を取得する必要があります。

警察署で簡単に取れる

古物商は警察署(公安委員会)に必要書類を持っていけば取得することができます。

古物商を取得する際に必要な書類は

・古物商許可申請書
・住民票
・身分証明書
・営業所(家や事務所)の見取り図、またその周辺図
・誓約書

などがあります。

ただ、求められる書類はケースバイケースで変わってきますので、最寄りの公安員会にあらかじめ問い合わせをしてから必要書類を準備するのが確実です。

また、忙しくて書類を準備できない方は行政書士が書類の準備から提出までを代行してくれるサービスもあります。これを利用すれば間違いなくほぼ確実に古物商の許可を取得することができます。

 

古物商の許可がないと転売はできないの?


古物商の許可がないと転売はできないの?
疑問なのは、『古物商の許可がないと転売はできないのか?』というポイントですよね。

転売=古物商の許可が必要というわけではありません。古物商は中古品を仕入れて販売するときだけ必要になります。

中古品でなければ問題ない

例えば、

・新品未使用の商品
・友達からもらったもの
・昔着ていた服

こういったものを転売する場合には古物商は必要ありません。ビジネスをしっかり行うという目的で業者から商品を仕入れて販売する場合に、古物商の許可が必要になるのです。

ちなみに、
古物商の許可なく中古品の販売をした場合、3年以下の懲役、または100万円以下の罰金んが科せられる可能性があります

さらに、古物商の許可も剥奪されてしまいますので、注意しましょう。

ただし、転売を始めるなら取得した方がいい

転売を始めるのなら、古物商の資格は取っておいた方がいいでしょう。

古物商の許可を事前に得ていれば、まず法律に触れることがありません。後、古物商の許可を取得することで正式に業者として活動することができるようになります。この許可があることによって、素人では真似できない転売手法を行うことができるようになり、利益を格段に伸ばすことができます。

古物商の許可を取得するメリットをこれからお話します。

 

『古物商のススメ』転売するなら、取得しておいた方がいい話


『古物商のススメ』転売するなら、取得しておいた方がいい話
古物商の許可を取得している人は、『古物商がないと使えない仕入れ先を使う』ことができるようになります。

強力な仕入れを行うことができれば、利益を伸ばしやすくなります。

古物商がないと入れない仕入れ先がある

中古品の仕入れはリサイクルショップやヤフオクなどで行うことができるのですが、古物商の許可を得ていると、

・中古市場
・B to Bオークション

こういったところにも入れるようになります。リサイクルショップでは仕入れることができない商品を格安で仕入れることができ、また大量に仕入れることもできるようになります。

中古品の仕入れについては『【特殊な仕入れ】特殊な仕入れ先を使って、物販ビジネスの利益を伸ばす戦略』で解説していますので、気になる方はぜひ覗いてみてください。

【特殊な仕入れ】特殊な仕入れ先を使って、物販ビジネスの利益を伸ばす戦略

古物市場で格安&大量仕入れ

古物市場では、商品を格安で大量に仕入れることができます。古物商の許可を得ている人でないと入れない場所なので、素人にはできないおいしい仕入れを行うことができます。

商品を格安で仕入れることができれば利益も伸ばしやすくなります。他の人よりも安く出品することができれば売れ行きも上がる可能性がありますよね。

また、商品を大量に仕入れることができれば利益を安定させることもできます。毎月決まった数が売れている商品なら、大量に仕入れて売り続けて利益を安定させられますよね。

こういったおいしいメリットがたくさんありますので、中古品の販売をするなら古物商の許可を事前に取得するようにしましょう。

 

【まとめ】古物商は中古品の転売で必要!


【まとめ】古物商は中古品の転売で必要!
さて、今回のまとめです

今回のまとめ・古物商は、中古品を販売する際に必要。
・警察署で取得することができます。
中古品でなければ、古物商は必要ない。
ただし、転売を始めるなら取得した方がいい。(仕入れで使える)

古物商の許可がなくても、新品の商品や昔使っていた私物などは転売していくことができます。営利目的で仕入れて販売する場合は、古物商の許可が必要になります。

物商の許可は申請から1ヶ月ちょっとかかりますので、早めに申請しておくことをオススメします。

古物商の許可を持っていればライバルに差をつけることもできますので、中古品の転売を本格的にやっていきたいと思っている方は事前に取得するようにしましょう。

 

それでは!今回は転売で必要になる古物商の許可についてお話させていただきました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. 物販で起業 アイキャッチ

    【実は簡単】年商1億円を稼いだ経験から見える『物販で起業する方法』 

  2. 物販ビジネスせどり アイキャッチ

    【本の転売】せどりの概要と、初心者にはオススメできない理由

  3. ヤフオク無在庫転売の今後 カバー画像

    【ツールが使えない】ヤフオク無在庫転売の現状と、今後も物販で稼ぐための…

  4. 物販ビジネス確定申告 アイキャッチ

    【確定申告?】物販ビジネスで売れ残った商品は、ちゃんと在庫処分しておき…

  5. 物販ビジネス アイキャッチ

    【稼げなくなる?】物販ビジネスの将来性を考えてみました!

  6. カメラ転売 アイキャッチ

    カメラ転売は超危険!?【僕はマイナス10万円】

  7. 転売で生活 アイキャッチ

    転売で生活はできるのか?【転売生活の実態をお話します】

  8. 特殊な仕入れ先で利益を伸ばす アイキャッチ

    【特殊な仕入れ】特殊な仕入れ先を使って、物販ビジネスの利益を伸ばす戦略…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives