転売のリスク アイキャッチ

リスクゼロの転売を目指す方法【売れ残りとキャッシュフローについて】

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

・「転売にはどんなリスクがあるの?」
・「リスクをゼロにする方法はある?」
・「リスクが怖くて転売に踏み切れません…」

本記事では、このような疑問にお答えしていきます!

 

転売のリスクといえば『商品の売れ残り
あと、『キャッシュフローの悪化』です。

商品が売れ残ってしまえば赤字になりますし、キャッシュフローが悪化して次の仕入れができなくなれば稼げなくなってしまいます。

まず売れ残り防止についてですが、これはリサーチをしっかりするところからやっていきましょう!

キャッシュフローについては、クレジットカードを使って仕入れを行うと安定させることができます。

転売のリスク


転売のリスク
先ほどもお話した通り、

商品の売れ残り
キャッシュフローの悪化

転売のリスクは主にこの2つです。

商品売れ残り

転売で失敗するほとんどの原因が、商品の売れ残りによるものです。
僕もこれで失敗しました。

カメラ転売をやろうと思い4つほど仕入れてみたのですが、全部売れ残って14万円の赤字を出してしまいました。
これ以外にも、新品のブランド品を転売しようとしたときも売れ残りを出してしまいました。

儲けを期待して仕入れをしたけど、売れなくて商品が山積みになる…

転売で一番怖いリスクですね。

キャッシュフローの悪化

キャッシュフローの悪化は盲点になっている方が多いです。

キャッシュフロー(お金の出入り)をしっかり管理しておかないと、次の仕入れができなくなり利益を出せなくなってしまいます。

例えば、

『売り上げは立っているけど入金まで時間があって、仕入れ資金が底をつきそう…』

こういった状態です。

転売で使うプラットホームにもよるのですが、売り上げの入金が2週間に1回、1ヶ月に1回というケースもあります。
このあたりの計算をしっかりしておかないと、リスクが上がってしまいます。

 

転売で怖いリスクをゼロにする作戦!


転売で怖いリスクをゼロにする作戦!
さて、
転売の怖いリスクをゼロにする方法ですが、しっかりと転売のルールを守れば、失敗のリスクを限りなくゼロに近づけることができます。

僕の周りで、真面目にルールを守ってコツコツと作業していた人で失敗した人はいません。
失敗する理由は、『何かが間違っているから』です。

今回はリスクを減らす2つのテクニックをご紹介しますので、まずはここから始めてみてください!

売れる商品をリサーチしてから仕入れしましょう!

売れる商品をしっかりリサーチしてから仕入れるようにしましょう。

あなたが「これは売れる!」と思っている商品とお客さんが「これ買いたい!」と思っている商品は違います。
市場をリサーチして、どの商品がいくつ売れているのか?また、どのくらいの値段で買われているのかをしっかりリサーチしましょう!

転売の成功を左右する最も重要な作業がリサーチです。
リサーチをせずに的外れな商品を仕入れれば、売れ残り祭りになってしまいます。

これは僕の経験ですので、100%断言できます。笑

クレジットカードで仕入れをしましょう

キャッシュフローを安定させる方法ですが、仕入れはクレジットカードで行うのがおすすめです。

手持ちのお金で仕入れでは限界があります。クレジットカードなら万が一の時に分割で支払っていくことができるので、次の入金まで持ちこたえることができます。

あと、クレジットカードで仕入れをすればマイルがたまります。たくさん仕入れをしますので、恐ろしいほどたくさんたまります笑)

クレジットカードを使えば何かとお得ですので、現金仕入れでも余裕があると言う方にも使ってほしい手法だと思っています。

 

『これが一番怖い』商品の売れ残りを出さないために


『これが一番怖い』商品の売れ残りを出さないために
転売のリスクで最も恐れられているのが売れ残りですが、リサーチを徹底することでリスクを減らせるとお話しました。

とはいえ、売れ残りのリスクを恐れて転売を始めることができない方も多いと思いますので、もう少し深堀してお話していきます。

売れ残り商品のはけ口はいろいろある

リサーチ徹底して「これは売れる!」と確信した商品を仕入れても、たまに売れ残ってしまうことがあります。

そういったときに「処分するしかないのか…」とあきらめてしまう人も多いのですが、そんなことはありません。
別のはけ口を使って処分していきましょう。

例えば、
転売で売れ残った商品を買い取ってくれる業者というものが存在します。普通に販売したときよりも利益は落ちてしまいますが、ゼロよりはましです。

こういった複数のはけ口を用意しておけばいざと言うときに安心です。

万が一売れ残っても、『税金対策』に使えます

万が一売れの頃ってしまった商品は、在庫処分で税金を減らうことに使えます。

時々、『売れ残った商品にも税金がかかるのですか?』という質問をいただくのですが、売れ残っている商品に税金はかかりません。

とはいえ、持っているだけではスペースも取りますしムダになってしまいますので、税金対策に使っていきましょう!

詳しくは、『確定申告?】物販ビジネスで売れ残った商品は、ちゃんと在庫処分しておきましょう。』で解説しています。

【確定申告?】物販ビジネスで売れ残った商品は、ちゃんと在庫処分しておきましょう。

 

【まとめ】他のビジネスと比較しても、転売は低リスクビジネスです!


【まとめ】他のビジネスと比較しても、転売は低リスクビジネスです!
さて、今回のまとめです。

今回のまとめ売れ残りのリスクは、リサーチを徹底するところから!
仕入れはクレジットカードを使いましょう。
商品のはけ口を複数用意しましょう。
売れ残っても、税金対策に使えます。

何かを始めるときは、必ずリスクが付きまとうものです。

ですが、
しっかり情報収集をしていて、リスクを回避する術を知っていれば何も怖いことはありません!

 

転売はほかのビジネスとは違い、やり方さえ間違わなければ初心者でもガンガン利益を出せる、難易度の低いビジネスモデルです。

あまりリスクを恐れ過ぎずに、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?^^

 

これから転売を始める方向けに、物販ビジネスの概要をまとめた記事を公開しています。

詳しくは、『【入門】初心者向け物販ビジネスの始め方【リサーチ方法や仕入れ方など】』をご覧ください。

【入門】初心者向け物販ビジネスの始め方【リサーチ方法や仕入れ方など】

それでは!今回は転売のリスクについてお話させていただきました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. メルカリ違法 アイキャッチ

    メルカリ転売でこれをやると即逮捕!【転売の違法行為】

  2. 学生転売 アイキャッチ

    大学生に転売ってできるの?【結論:絶対にやっておくべき!】

  3. 転売の王道ルート アイキャッチ

    転売の王道ルートで利益を発生させる方法【基本は、『真似』】

  4. 【資金がない!】物販で仕入れ資金がない時の簡単な解決方法

  5. 物販ビジネスでAmazon アイキャッチ

    【FBAが魅力】物販ビジネスでAmazonを使うメリット

  6. 無在庫転売とは? アイキャッチ

    『無在庫転売』はノーリスクで稼げるの?【メルカリ?ヤフオク?】

  7. 転売で生活 アイキャッチ

    転売で生活はできるのか?【転売生活の実態をお話します】

  8. メルカリ転売中古ブランド品 アイキャッチ

    メルカリ転売は『中古ブラン品』を売れ!【今一番オススメの手法です】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives