クリエイティブな人間 アイキャッチ

クリエイティブな人間になるステップ【アイディアが閃く!】

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

・「アイディアをひねり出さないといけないのに何も浮かばない!」
・「閃きがほしいのに何も出てこない!」
・「クリエイティブな人間になる方法を知りたい!」

本記事では、このような疑問にお答えしていきます!

 

今年一年の目標を立てるときや、クリエイティブな仕事をしている時は閃きが重要ですよね。「これだ!」と思うものが閃いた時は、なんかワクワクしますよね。

すぐにポンポンアイディアが浮かぶ人もいますが、中には何かを思いつかないといけないクリエイティブなことが苦手な人もいますよね。「才能ないんじゃないかな…」と落ち込みそうになるところですが、大丈夫です。

閃きは、手順を踏んで準備しておくことが大事です。しっかり準備して閃き安い環境を整えておくことで、普段何も思いつかない人でもクリエイティブな人間になることができるはずです。

これは僕が自分の会社名を考えた時に使った方法です。「これだ!」というものが突然浮かんできましたので効果は実証済みです。簡単な作業ですのでぜひ実践してみてください!

【動画で見たい方はこちら】

クリエイティブな人間になるには?


クリエイティブな人間になるには?
事実、「こうすればこんなのが浮かぶ」と言うのは少し難しいことです。ですが、だからといって何もしないのも間違いで、事前に準備しておくことが重要です。

閃く『準備』をしましょう

普段閃きがない人は、閃く環境を作れていない場合が多いです。

頭の中だけで考えているとか、紙に書き出して考えたりしていないなど、閃きが起こりずらい状況にいるとクリエイティブなことをするのは難しくなります。

先ほどもお話しましたが、「こうすればこんなのが浮かぶ」という手順を踏むのは少し難しいです。ですが、何もしないよりも事前に準備しておいた方が閃きを得やすいです。まずは環境を整えることを意識して手順を踏んでいきましょう。

 

ステップ1『閃きを起こさせる準備』


ステップ1『閃きを起こさせる準備』
閃きを起こさせる準備は、

・頭の中にあるものを外に出す。
・閃くのを待つ。

この2つのステップに分かれます。まずは頭の中にあるものを『全て』外に出してみましょう。

頭の中にあるものを外に出す。

あなたが考えていることや覚えていることなど、頭の中にあるものを全て外に出してみましょう。

やり方はシンプルで、紙に思いつく限りのことをどんどん書いていきましょう。この時に、『紙に書く』と言うのが重要で、パソコンのメモ帳などに書くよりも、紙にペンを使って直観的に書く方がいろいろ出てきます。『マインドマップ』を作ってみるのも面白いです。とにかく頭の中にあるものは全部紙に書き出して見ましょう。人に見せるものではないのできれいに書く必要はありません。

この目的は、頭の中にあるものを外に出して、客観的に見るためです、頭の中にあることは主観的に考えがちになってしまいます。そうなると、物事を俯瞰して見ることができなくなってしまい。行き詰ったり思考がぐるぐるしてしまいます。こうなると前に進むことはできません。

なので紙に書き出して、客観的に見る必要があるのです。

『ソロモンのパラドックス』

物事を主観的に見るのと客観的に見るとの違いは『ソロモンのパラドックス』というお話でよく分かります。

ソロモンとは旧約聖書に出てくる賢人で、知識量が豊富で他人に明確なアドバイスができる人物です。ですが、ソロモンは他人にアドバイスが出来ても自分のこととなるとミスが多くなる人物で、判断ミスや間違った選択をよくしていました。

つまり、他人のことはよく見えるけど自分のことが見えていないパターンです。『他人はうまく、自分は失敗』これがソロモンのパラドックスと呼ばれるものです。

他人は客観的に見ることが出来ているのでアイディアがわき出てきますが、自分のことは主観的に見ているので行き詰るということです。このような事態にならないように、一度紙に考えていることを書き出して客観的に見る必要があるのです。

 

ステップ2『閃きを待つ』


ステップ2『閃きを待つ』
さて、ステップ1で閃きを起こす準備はほぼ完了です。紙に書いて客観的に見つめなおしたら、後は待つだけです。

後は待つだけ

ひたすらぼーっとしてください。中途半端にではなく、真剣にぼーっとしてください。テレビやスマホは消して、今やっている作業も中断してぼーっとしてください。

ぼーっとする。つまり、リラックス状態を作るということです。実は、人間が閃きを得るときと、リラックスしている時の脳の活動はほぼ同じ状態だと言われています。なので、準備はしっかり出来ていて頭の中はすっきりしている状態があればリラックスしておくだけでアイディアが浮かんできます。

このリラックスするためにおすすめのシュチュエーションというものがあります。

創造性の4B

人間が特にリラックスできる状態で、『創造性の4B』と言うものがあります。リラックスできているから特にアイディアが浮かぶ、創造性がある環境ですね。

それが、

・Bathroom(お風呂)
・Bus(バスなどの移動中)
・Bar(お酒を飲めてリラックスできる場所)
・Bed(ベッドルーム)

この4つになります。この環境では特にリラックスできるので準備をして、こういった場所でぼーっとしてみて下さい。

ちなみにですが、僕は閃く準備をした後にホテルのトイレでぼーっとしていたら会社名を閃くことができました。

 

【まとめ】準備をしてぼーっとまつ。アイディアはこれで閃く!


【まとめ】準備をしてぼーっとまつ。アイディアはこれで閃く!
さて、今回のまとめです。

今回のまとめ・閃くためには、準備をする。
・まずは頭の中にあるものを全部外に出す。(紙に書く)
・後は待つ。
・ベッド、バスルームなどの環境は閃きを起こしやすい。

クリエイティブなことをするのは難しいとか、才能がある人でないとできないと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか?確かに、世の中にはすごいことをゼロから生み出してしまう人がいるのも事実です。

でも、準備をしておけば意外とアイディアは浮かぶものです。頭の中にあるものを紙に書き出してぼーっとするだけでも、何もしないときと比べれば何かを思いつける可能性は高くなります。

紙とペン、後はリラックスできる環境があれば簡単にできることなので、ぜひ実践して素晴らしいアイディアを閃いてください!

 

それでは!今回はクリエイティブな人間になるステップをお話しました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. マコなり社長解剖後半 アイキャッチ

    マコなり社長の話し方の徹底解剖【後半】

  2. 森を歩く人

    『副業から本業へ』副業からスタートして、脱サラを狙うルート

  3. 自動学習 アイキャッチ

    これだけで自動学習ができる最強時短ノウハウ【2年で1億稼げた学習法】

  4. 1日15分でコミュ力を上げる

    1日たった15分でコミュ力が上がる方法【コミュ障の治し方】

  5. セミナーの様子

    『実は損!?』無料セミナーと有料セミナーの違いと、セミナーの見極め方を…

  6. 人脈を広げる アイキャッチ

    一人も知り合いがいないところから、人脈を築く方法【人脈は財産】

  7. フリーランス 破産

    これをやらないフリーランスは99%破産する【起業で借金】

  8. 身だしなみ アイキャッチ

    身だしなみで生涯年収が4,760万円変わる!【身だしなみのポイント5つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives