小さく始めて大きく アイキャッチ

起業は『小さく』始めてから、『大きく』する方がいい【起業は簡単】

んにちは!
shinnこと高浜真也です!

・「リスクなく起業するにはどうすればいいですか?」
・「一人で小さく稼いでいきたいです!」
・「ハードルの低い、難しくないビジネスってありますか?」

本記事では、このような疑問にお答えしていきます!

 

実は、起業する(ビジネスをはじめる)ことって、結構ハードルの低いことです。

今回は『ビジネスは小さく始めればリスクなく大きく稼げる』というテーマでお話していくのですが、何かビジネスをはじめるときって、可能であればなるべきリスクを減らしていきたいものですよね。

他にも、誰かと一緒にではなく、一人でもできるものがいいですよね。
そして、大きく稼げるものをやりたいですよね?

一見「こんなわがままなビジネスってあるのか?」と思ってしまうところですが、これ、出来てしまいます笑

僕もビジネスをはじめた時は初期費用16万円で従業員は無し。従業員所からオフィスもない状態で起業しました。
ここから2年で年商1億円、5年目となる今でも売り上げは右肩上がりです。でも、相変わらず従業員はいませんしオフィスもありません。

AIや5Gの普及で僕のような働きかた(起業)をする人も増えてくるんじゃないかなーと思っています。本記事を最後までご覧いただければ、リスクなく小さく始めて、大きく稼ぐ『未来の働き方』を知っていただくことができると思います。

【動画で見たい方はこちら】

リスクなくビジネスをはじめるには?


リスクなくビジネスをはじめるには?
リスクなくビジネスをはじめることなんて、本当にできるのでしょうか?

これは、一昔前なら不可能でした。ですが、現代なら可能です。詳しく解説していきましょう。

今と昔では、起業のやり方が違う

ひと昔前と今では起業のやり方が変わっています。

昔の起業と言えば、まず店舗やオフィスを構えてデスクや電話など必要機材を整えてからスタートさせる必要がありました。さらに、こういった機材を整えるために銀行からお金を借りたりだとか、結構リスクも高いことをしないと起業することはできませんでした。

ですが、現代は違います。
今はネットが普及していますので、パソコン1台とネットが使える環境があれば、お金をかけずに一人でも小さく起業することができるようになりました。

僕はスモールビジネスで起業しました

もちろん、僕も小さく起業して大きくした一人です。

パソコンとネットを使って一人で動かすビジネスを『スモールビジネス』と呼びます。僕が最初に始めたのは物販ビジネスですが、これもスモールビジネスです。
冒頭で少しお話しましたが、初期費用は16万円。この16万円も、仕入れとかに使ったのではなく物販を学ぶための自己投資に使いました。パソコンやスマホなどの必要機材はすでに持っていましたので、この16万円だけで起業したようなものです。

今の時代はパソコンもスマホも一人1台持っているような時代です。仮に持っていなかったとしても、安いパソコンなら手軽に買ってくることができます。
初期費用に関しても、本気でやっていくのであれば16万円くらい安いものだと思います。

今はネットを使えれば仕事ができる

今はネットを使えばどこでも好きなときに仕事ができる時代です。

僕も仕事はパソコンを使ってやっています。家でやることもあればカフェでやることもあります。
また、外注スタッフとのやり取りもlineかSkypeを使って連絡をしています。こんなやり方でも問題なくコミュニケーションは取れていますし、仕事もクオリティが高いものを納品していただいています。

ここまで話すともうお気づきになる人もいると思いますが、リスクなく小さく起業するキーポイントは、ネットをうまく活用することです。

 

スモールビジネスのキーポイント


スモールビジネスのキーポイント
小さく起業(スモールビジネスをはじめる)する時のキーポイントはネットです。これをうまく活用することが重要になってきます。

この部分を深掘りして解説していきましょう。

ネットを使う

ネットを使うことにより、小さい起業でも大きい利益を出すことが可能になります。

例えばこのブログ、このブログを書いたのは1回だけですが、サイトにアップロードしておけば世界中の人が何回も見にきてくれます。YouTubeに関手も、一度撮影してアップロードすれば、24時間休みなく視聴者さんが遊び時にきてくれます。

ネットを使うことで、小さい労力でもたくさんのお客さんを集めることができるのが今の世の中です。昔のように店舗を構えなくても、一度何かをやってネット上に乗せておけば、あとはどんどん人を集めることができるのです。

あとは、どんなビジネスを選ぶか?

小さく起業するキーポイントはネットを駆使することです。後はどんなビジネスを選ぶかですよね。

ネットを使ったビジネスはたくさんあります。例えば、僕のようにブログを書いたりYouTubeに動画をアップロードしたりする方法もありますし、プログラミングやデザインの仕事をすることもできます。

いろいろありますが、ビジネスを選ぶときには『これを押さえておけばリスクを最小限に抑えて起業することができる』というポイントがあります。今回のテーマは小さく起業して大きくするというものですので、このポイントはしっかり押さえておきましょう。

 

どういったビジネスモデルを選べばいいのか?


どういったビジネスモデルを選べばいいのか?
どういったビジネスモデルを選ぶべきなのか?というポイントですが、これは堀江貴文さんが提唱している『ビジネス4原則』を押さえているものです。

ビジネス4原則は、

・小資本で始められる。
・在庫がない。(もしくは少ない)
・利益率が高い。
・継続的な売り上げがある。

この4つに分かれています。

小資本で始められる

まずは小資本で始められるものを選びましょう。

いきなり店舗を構えて、従業員を雇って機材をそろえて…と大きい資本が必要になるビジネスはリスクが高くなります。小資本で始められること。それこそ、パソコン一台+αではじめられるものが良いですね。

僕が初めにやったビジネスも初期費用は16万円だけです。パソコンやスマホがすでにあったので、特別これを買わないとできないというものはありませんでした。
ただ、どうやるかが分からなかったので16万円を自己投資に回して、ビジネスを勉強したという感じです。

あと、固定費(サーバーのレンタル費用)などがかかるビジネスは避けたほうがいいですね。スモールビジネは利益が小さいところからスタートします。固定費があると利益率が下がってしまいます。かかっても極最小限にとどめておきましょう。

在庫がない(もしくは少ない)

在庫を持たないことも重要です。

これは単純に、在庫を抱えていると売れ残りが出た時に赤字になってしまうからです。あと、最初に仕入れをするわけですから初期費用も必要になります。これは小資本で始められるビジネスに当てはまりません。

在庫がないビジネスの良い例として、僕のYouTubeがあります。こういう風に情報やスキルを取り扱うものは、別にどこかの倉庫に在庫があるわけではありません。
また、僕は個人でビジネスをはじめるなら物販がオススメと言っていますが、これも莫大な在庫が必要になる物販ならオススメしません。僕たちの物販は在庫を捌くノウハウを教えているので、結果的に売れ残りのリスクは最小限に抑えられるものになっています。

利益率が高い

利益率が高いビジネスを選びましょう。スモールビジネスの場合は特に重要なポイントになります。

利益率が高いスモールビジネスの場合、売り上げの規模間は小さいとここからスタートします。売り上げ規模が小さいのに利益率が低かったら手元に残るお金がわずかになってしまいます。利益が少なければビジネスを続けることもできなくなります。

先ほども例に挙げたYouTubeやコンサルティングなどは利益率100%です。これと言った経費は掛かっていません。

継続的な売り上げがある

収入が継続的にあるビジネスを選びましょう。

「ドカンと一発100万円!」という感じではなく「毎月安定的に10万円」というものを狙ってください。継続的な売りえ上げが見込めれば次に何をすればいいのかなどの戦略を練りやすくすることができます。
また、ビジネスは継続させることが大事です。時代の移り変わりが激しい現代ではこれは難しいんですけどね。

日本において新たに設立された会社や個人事業主が10年後に生き残っている確立って16%ほどしかないんです。これを見てもビジネスを継続させることがいかに難しいかが分かりますが、生き残るためには外せないポイントです。

このビジネス4原則に当てはまっているビジネスモデルなら、しっかり取り組めばリスクなく継続させることができます。

かつ、一人でできるもの

あと大事なのが、一人でもできるビジネスであることです。これはビジネス4原則+αで覚えておいてください。

何人かでチームを組んでビジネスを行うのは、事業を拡大するという観点では良いことで素が、スタートからその考えでいるのはとても危険です。
なぜなら、人間関係のトラブルなどでチームがうまく回らなくなった時に、最悪一人でもできるようにしておかないと一瞬にしてビジネスが崩壊する可能性があるからです。
あと、最初から人を雇うと人件費などの固定費もかかります。これでは利益率が下がってしまいます。

まずは一人でもできるようになること。これはスモールビジネスのスタートラインです。一人で稼げるようになってから、どう大きくしていくかというステップに入ります。

 

【まとめ】まずは小さく始める。一人でビジネスをように!


【まとめ】まずは小さく始める。一人でビジネスをように!
さて、今回のまとめです。

今回のまとめ・現代の起業はネットのおかげで一人で小さくできるようになっている。
・ビジネス4原則が当てはまるビジネスモデルを選ぶこと。
・かつ、一人でできることを始める。
・まずは、一人でビジネスを動かせるようになりましょう!

起業は大きいものもありますが、今回お話したように小さく始める方法もあります。
ネットのおかげで一人でもたくさんのお客さんにアプローチすることが出来て、昔の大きい起業と同じくらい稼ぐことも可能です。

しかも、ネットとビジネス4原則を掛け合わせてスタートすればリスクはほぼなし。いい時代になりましたね^^

 

「起業してみたい!」とか「自分で稼いでみたい!」と思っている方、小さい起業からサッと始めてみてください!

 

それでは!今回はビジネスを小さく始めて、大きくする方法をお話させていただきました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. 森を歩く人

    『副業から本業へ』副業からスタートして、脱サラを狙うルート

  2. 信頼関係 アイキャッチ

    仕事ができる人は、信頼関係の作り方を知っています【信頼を得る方法】

  3. 稼げるようになるまで アイキャッチ

    自分でお金を稼ぐスキルはどのくらいで身に着く?【そんなに長くはかからな…

  4. 頭が悪い人は話が上手い アイキャッチ

    頭が悪い人ほど、良い話し手になれる【ビジネス書の著者が語ります】

  5. 成功者習慣化 アイキャッチ

    『習慣化』は成功者に共通している最強スキル【習慣化のコツ】

  6. お金の現状把握 アイキャッチ

    お金の現状把握、やっていますか?【やらないと貯金が…】

  7. フリーランス 破産

    これをやらないフリーランスは99%破産する【起業で借金】

  8. フリーランスにはこれがない アイキャッチ

    うまくいかないフリーランスの仕事にない事【初動から間違っている】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives