話はこれなしで上手くならない アイキャッチ

話は、これをやらなければ絶対にうまくいかない【必須のトレーニング】

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

本記事では、

『これをしなければ話はうまくならない』

ということで、コミュニケーションスキルについてお話していきたいと思います。

 

現代は、

・「コミュ症なんで話は苦手…」
・「人前で話すなんて緊張しすぎて心臓爆発します」
・「自分の考えをうまく言葉にできないのが悩みです…」

こう悩む人が増えています。「コミュ症」なんて言葉が生まれるくらいですから、話しが下手で悩んでいる人はこの世の中にたくさんいらっしゃいます。

まあ、本記事でまずはじめにお伝えしたいのは、どんなにコミュ症でも話し方は絶対に上手くなることができるのでご安心ください!
僕も話は吐き気がするくらい下手でしたが、今は大人数が参加するセミナーの講師まで勤められるようになりました。

ただし、話は『これ』をやらないとどんなに頑張っても絶対に上手くはなりません。うまく話せるようになりたいのなら、本記事を最後までご覧ください。絶対に外せない最重要ポイントをご紹介させていただきます!

【動画で見たい方はこちら】

○○をしなければ、話はうまくならない


○○をしなければ、話はうまくならない
さて、話は『これ』をやらないとうまくならないとお話しましたが、『これ』って何だと思いますか?

答えはズバリ『慣れ』です。話し方は慣れることは土台になります。

うまく話せるようになるためには『慣れろ』

はい。とにかく話は慣れましょう。話しまくって慣れる必要があります。

…まあ、これだけだと精神論にも聞こえなくないですので具体的にお話します。笑
例えば、僕が上手く話せるようになるまで学んだ、過去4年間のノウハウを全部あなたにお渡しするとしましょう。余すことなく、全てをお伝えしたとします。
そして、あなたは1ヶ月かけてこのノウハウを一通り覚えたとしましょう。

じゃあ、「ノウハウを暗記できているので、明日2000人規模のセミナーで講師をしてきてください!」と僕がお願いしたら、できる気がしますか?

テクニックは大事だけど、覚えるだけでは足りない

これ、かなり厳しいと思います。僕が同じこと言われてもできる気はしません。

大勢の人が注目している大ホールで、シーンとした空気で、自分がスポットライトを浴びているような状態で今まで覚えたことを発揮するなんてムリです。
プレッシャーは半端ないものですし、ステージの上で頭真っ白になるはずです。

まあ、2000人とまでいかなくても「会社のプレゼンで話せ」という場合でも同じことが起きると思います。
根が上がり症の方、初対面の異性との会話で緊張してしまう方はなおさら。想像しただけで吐き気がしますよね。笑

慣れていないと、テクを覚えても発揮できない

緊張したらせっかく覚えたテクニックも発揮できずに終わってしまいます。だからこそ、まずは話すことの量をこなして慣れる必要があるのです。

僕も上手く話せるようになるまではかなりの量を積んできました。ですが、今でもセミナーに登壇すると緊張することがあるんです。原稿書いてきたいのに全部飛んじゃう。みたいな。

でも、量をこなして慣れていると、原稿が飛んでもパッとスキルを使うことが出来たりするのです。その結果、なんとかなる。というケースが多いです。

なので、量をこなしましょう!たくさん話して慣れることをやらないと、話はうまくなりません。
分かります。たくさん話す練習をするのは結構面倒くさいです。ですが避けては通れない道であるのも事実ですので、ここは歯を食いしばって頑張るしかありません。
逆に言えば、この道を通り抜けることができればうまく話せるようになります!

 

話が上手くなるトレーニング(超手軽)


話が上手くなるトレーニング(超手軽)
上手く話せるようになるためには、量をこなして慣れることが大事だとお話しました。

ただ、やみくもに話まくっていれば良いってものではありません。やはり、正しいやり方を積んでいくことが重要になります。

ここからは、話す練習に最適な練習方法と具体的なやり方をご紹介していきます!超手軽に始められますので、今日から実践していただければと思います!

『日記動画』を撮ろう!

その最適は方法は日記動画です。

日記動画とはその名の通り、日記を動画で撮るというものです。小学校の夏休みの宿題で日記とか書かされましたよね。あれを動画でやっていくイメージです。

日記動画の撮り方ですが、まずその日で一番印象に残ったことをテーマにして話を始めてください。カメラはスマホのカメラやパソコンのカメラで大丈夫です。

話すときのコツ

この日記動画は、10分から15分の間で納めてください。短すぎても長すぎてもダメです。

話が短すぎると、話を膨らませるトレーニングになりません。逆に長すぎても話を要約して簡潔に話すというトレーニングになりません。なので、10分~15分が目安になります。

この10分から15分の間で、話し方のテクニック使ってテーマの話をしてみてください。本で覚えたテクニックや人から聞いたテクニックを実践してみましょう。

例えば、ただ口を動かして話すだけでなく、身振り手振りを入れてみるとか。カメラ目線で話すだけでなく、隣にお客さんがいると想像して話してみるとか。

 

あ、話し方のテクニックについては僕が書籍を出していますので、もし真似するものがなかったらぜひこちらを参考にしてみてください!

人前で話す時には必ず吐き気がするほど緊張しまくっていた僕が、営業で成約率98%を出せたり、セミナーに登壇しても伝わりやすく話せるようになった方法をご紹介しています。

これ、僕の自信作です。これ一冊で話し方の全てを網羅できるくらいいろいろ詰め込んでありますので、ぜひ手に取ってください^^

動画日記は、共有しよう!(できれば)

あと、撮影した動画日記は同じような目標を持っている人と共有するのがおすすめです。

もちろん、セルフフィードバック(自分で見直して反省点を出す)というのも大事です。ただ、同じように上手く話せるようになりたい人と動画を共有してフィードバックをもらうのも効果的です。
自分では気づかないポイントも、他の人が客観的にチェックしてくれることで見つけることができるケースも多いです。これができるとより上手く話せるようになりますので、個人的には一押しです。

ちなみに、僕はこの方法で本記事に埋め込んである動画のチェックをしてもらっています。
やっぱり、自分では気づかないポイントって言うのは結構あるものです。そこのフィードバックをもらってから動画をアップロードするようにしています。

 

【まとめ】話は慣れるしかない!慣れれば最強になります。


【まとめ】話は慣れるしかない!慣れれば最強になります。
さて、今回のまとめです。

今回のまとめ・話は、量をこなして慣れないとうまくならない。
・スキルを覚えても、話すことになれていなければ使えない。
動画日記で量をこなそう!(超簡単にできます)
・話は練習で必ずうまくなります。絶対です。

上手く話せるようになるためには、慣れが必要不可欠です!シンプルですが、これにつきます。テクニックやら心理学やらと言うのはこの慣れが土台となって使いこなせるようになるものです。

動画日記なら手軽に始めることができますし、一人で継続することができます。スマホかカメラ付きのパソコンがあればすぐにできるものですのでぜひやりましょう!

話し方はトレーニングで絶対に改善することができます。僕も今でこそ「わかりやすい!」と言っていただけるレベルまでくることができました。(まあ、今でも緊張することはありますが。笑)

 

ちゃんとトレーニングすることが大事です。本記事をご覧になった今から、とにかくに話まくって慣れるところから始めていきましょう!

 

それでは!今回はこれをやらなければ話はうまくならないというお話をさせていただきました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. 断ち切るべき悪習慣 アイキャッチ

    凡人で終わらないために断ち切るべき悪習慣【習慣は運命】

  2. ライバルと差が開く アイキャッチ

    ライバルと圧倒的な差が開いてしまう理由【それを、差を縮めて抜く方法】

  3. 人生がうまくいかなくて疲れているのなら。【必ず良くなるあなたの人生】

  4. 関わってはいけない人たち アイキャッチ

    絶対に関わってはいけない人5選【捨てるべき人たち】

  5. 好きなことだけで起業は失敗 アイキャッチ

    『好きなことで起業』は超危険!【起業失敗を防げ!】

  6. 2人

    『なぜ起業できるのか?』会社員と起業家の違いはここです!

  7. 批判する人は無視 アイキャッチ

    他人を批判する人は全力で無視した方がいい話【100%が損】

  8. 行動が止まる原因 アイキャッチ

    『行動しない原因』は自分では気づかないコレ【強制的に行動が止まる】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives