大学に将来を頼るな アイキャッチ

自分の将来を大学に頼っては絶対にいけない理由【就活の闇をお話しします】

こんにちは!
shinnこと高浜真也です!

本記事では、『自分の将来を大学に頼っては絶対にいけない』というテーマでお話ししていきます!

大学生は3年生の後半くらいから就活を始めますよね。
就学講義みたいなのでリクナビなどの就活サイトに登録して、企業説明会を受けて…と一気に就活ムードのなるのがこの時期です。

ですが、はっきり言います。
大学は様々な就活サポートを実施していますが、これ頼らないほうがいいです。大きい落とし穴があります。

自分の将来を大学に頼ってはいけません。

大学は、『あなたの将来なんて知らない』


大学は、『あなたの将来なんて知らない』
さて、大学に自分の将来を頼ってはいけない理由ですが、ズバリ、『大学はあなたのことなんて知らない』からです。

残念ですが、これが事実です。

あなたの将来なんて興味ない

大学は就活サポートこそやってくれますが、あなたの将来を本気で考えることはありません。

大学が就活サポートをやる理由は、単に『うちの大学は就職率〇〇%です!』という実績を作るためです。
僕の体験談ですが、僕は建築家になりたいと思っていました。そのために大学建築デザインを専攻して、3年終わりの時期に将来のことを相談しようと思い進路相談室に行ってみました。

ですが、そこでのアドバイスはひどいものでした。てっきり建築家になるための進路を教えてもらえると思ったのですが、中身は就職することを前提に就活のやり方を淡々と説明されるだけでした。

僕「就職だけが進路だと思っていない?」

これは主に建築家になるための進路の話ですが、建築家になるためにはまずプロの建築事務所に弟子入りして、修行するというのが王道の進路です。

そういったアドバイスを進路相談室でもらえると思っていたのですが、話の内容は就職のことばかり。「建築家になるにはどうすればいいですか?」と聞いても「そういうのは先輩か教授に聞いて。」といわれるだけでした。

これちょっとおかしくないですか?進路相談室なのに将来のことは適当に流して、就職の説明ばかり聞かされます。
そうです。これが前半部分で言った『落とし穴』です。

大学は『就職率』を落としたくない

大学が就活に力を入れるのは、就職率を落としたくないからです。

というのも、大学にとって就職率というのは一番の売りになります。早慶などのブランド価値がある大学だと違うかもしれませんが、ブランド価値が弱い大学だと就職率は使い勝手の良い売りになります。

大学もビジネス的に動かして授業料をお客さん(生徒)からもらわないと運営していくことができません。つまり、たくさんお客さんを集める必要があるわけです。そこで『うちの大学は就職率98%です!』という広告を出すことができれば生徒を集めることができるわけです。

だから、就職以外の道はあまり教えたくない(進めても大学にメリットがない)ので進路相談室では就活のことしか話されないのです。

自分の将来を本当に相談するべき人は?


自分の将来を本当に相談するべき人は?
前半でお話ししたように、大学は就職率を上げることに重点を置いています。あなたの将来のことなんて眼中にないのです。

そんな感じなので、僕は結局就活はせずに自分でお金を稼いで生きていく道を見つけて会社を作って生きています。大学に言われるがまま就職したわけではないので、他の人よりは幸福度が高いかなと思っています。

こんな感じで、自分の将来の幸福度を高めて、幸せな生活を送るためには、自分の将来を本当に相談するべき人に相談することが重要です。

自分の行きたい世界の先輩に話を聞く!

自分の将来を誰かに相談するときは、自分の進みたい道に進んだ先輩に話を聞くのが一番良いです。

僕の場合だと、進路相談室から就職した先輩、フリーランスで活動している先輩、起業した先輩社長などに話を聞きました。
実際に聞いてみて分かったことは、進路相談室と先輩の話ではギャップがあるということです。進路相談室で「ここの企業いいよ!」と言われて就職した先輩から話を聞いてみると、聞いていた話と全く違ったなんてことはざらにありました。

フリーランスの先輩や起業した先輩社長の話を聞いても感じることがあるのですが、やはり実際にその世界を経験している人は言うことが違います。進路指導室の人は経験なしに話を進めてくるので、正直あてになりません。

判断材料を間違えない!

就活のためにガイダンスに参加するのが全くダメかと聞かれると、そういうことを言いたいわけではありません。大事なのは、『判断材料を間違えないこと』です。

就職支援は学生側のメリットというよりも、企業側と大学側に大きいメリットがあります。企業は人材を確保することができて、大学は就職率を上げることができます。
問題なのは、そこばかりが気にされていて学生の将来があまり考えられていないということです。ここの情報を判断材料にするのは得策ではありません。

なので、自分の進路を考えるときは判断材料をミスしないように気を付けてください。ガイダンスや企業説明会は正直あてになりません。先輩の体験談はかなり貴重な情報として使うことができます。

【まとめ】あなたの将来を決める力を、大学は持っていない。


【まとめ】あなたの将来を決める力を、大学は持っていない。
さて、本記事の内容をまとめてみましょう。

今回のまとめ・大学は、『あなたの将来なんて知らない』
・大学は、就職率を上げるために支援をしている。
・将来の判断材料をミスしないように、話は先輩から聞く!
・実際に経験している人の体験談は貴重です。

大学の進路指導室をあてにせずに、先輩の話を聞いたり独自にリサーチしていると、こんなことを思う時があります。

『周りは説明会とか行っているけど、本当にあてにしなくて大丈夫なのか…?』

絶対に1度は思うと思います。ですが、これ心配無用です!ただの集団心理で、大勢がやっていることと違うことをしているから不安になっているだけです。

自分の将来のことですし、少しは他の人とは違う行動をとってみるのも面白いです。その結果がどうなろうと、自分の将来を本気で考えて行動したというのは人生の糧になります。

僕がこれをやってみた結果は、自分でビジネスを立ち上げて自由に生きるという道が見つかりました。僕みたいな生き方以外にも、必ず良いことが起こりますので、ぜひチャレンジしてみてください!

それでは!今回は自分の将来を大学に頼っては絶対にいけないというお話をさせていただきました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. 大学生起業 アイキャッチ

    大学生のうちに『起業』は経験できる?【大学生社長になる方法】

  2. キャッシュポイント アイキャッチ

    キャッシュポイントを増やして、生活のリスクを減らす!【収入の安定化】

  3. 人見知りでバイトできない アイキャッチ

    人見知りがバイト以外で月10万円稼ぐ方法【バイトはできない!】

  4. 就活しない生き方

    【就活はするな!】今からでも実現できる「就活しない」生き方を解説します…

  5. 自分らしく生きる アイキャッチ

    明日から自分らしく生きる方法【常識と呼ばれているものは疑え】

  6. 大学生バイトするな アイキャッチ

    「大学生はバイト!」←その考えは超危険です【貴重な時間が無駄になります…

  7. 大学生がバイトなしでキャンパスライフ アイキャッチ

    【バイトはしない】大学生がバイトなしでキャンパスライフを送る作戦

  8. 面接対策 アイキャッチ

    就職活動で絶対に使える話し方【面接会場を意のままに】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives