やる気 アイキャッチ

仕事などでやる気が出ない原因とは?【対処法も解説】

こんにちは!shinnこと高浜真也です!

本記事では、『仕事などでやる気が出ない原因』についてお話していきます!

仕事、面倒くさいですよね。仕事に限らず、何かをやらないといけないのにやる気が出なくて困っている人も多いのではないでしょうか?

やる気が出ないだけならまだしも、「もしかして、自分はダメな人間…?」とネガティブになってしまい、さらにやる気をなくす。という悪循環に陥ったら最悪です。

本記事で、やる気が出ない原因と対象法をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!

やる気が出ない原因


やる気が出ない原因
さて、やる気が出ない原因ですが、主に3つ挙げられます。

やる気が出ないのなら、その原因を突き止めて対処をしていくことが非常に重要です。根本から原因をつぶしてしまえば、やる気に満ちて行動できるようになります。

本記事では、3つの原因を挙げて対処法を解説していきます!

原因1『やるべきことが明確になっていない』

「やることが山積みでヤバい!」そんな時はこの『やる事がが明確にできない』という症状が現れます。

人間はやることが明確だと行動できるようになります。例えば、RPGゲームはやること山積みですが、どんなに仕事で疲れていてもついプレイしてしまいませんか?
これは複雑なゲームでも、プレイヤーのやることが明確に整理されていて、ゴールもきちんとあるから、楽しくプレイできてしっかりゴールすることができるということです。

これを現実世界でも使ってみましょう。例えば、家の大掃除などで何から手を付けて良いのか分からずやる気が出なのであれば、掃除する場所を前もって決めるようにしましょう。
玄関なら、靴を磨いて玄関マットをきれいにして、床を掃除して…という風に作業を細分化しておくと次にやることが明確になります。

原因2『目的が明確になっていない』

上司からよくわからない仕事を押し付けられて「俺はいったい何をしているんだろう…」とやる気が出なくなります。こういったときは思い切って、上司に仕事の目的を聞いてみましょう。

売り上げが上がるとか、スキルアップにつながるとか。そういった目的が明確になるとやる気も出てきます。何をしているか分からない、あるいは、そもそもゴールがどこにあるのか分からないという状況はネガティブな感情を起こしやすいです。

もしくは、仕事を「ゲーム」と考えるのもおすすめです。目的の分からない仕事でも、いかに早く、そしてハイクオリティで終わらせられるのか、ということを意識しながらゲーム感覚で作業をすると結構楽しくなります。

原因3『追い込まれていない』

仕事の進捗状況で、自分の立ち位置とゴールの距離が明確になっていないとやる気が出ません。

これは学校のテストが良い例です。テスト2週間前くらいだと「まだまだ余裕ー」なんて言っていられますが、当日ぎりぎりになると「ヤバい勉強しないと!」と焦り出します。
テストの前日って大慌てしますよね。必死に勉強して赤点や留年を回避しようとします。

これと同じです。仕事に期限を設けてしっかりスケジュールを管理していると、後半で追い込まれて強制的にやる気が出てきます。
全体のスケジュール感を把握することが大事です。スタートからゴールまで、いつまでに何をするのか整理しておくと自分を追い込むことができて仕事が進むようになります。

「原因がわかっても、仕事は面倒なんだよ!」


「原因がわかっても、仕事は面倒なんだよ!」
ここまで、仕事でやる気が起きない原因と対処方法を解説してきました。

しかし、ここまで記事をご覧になった方の中には、

「そうはいっても、やる気が出ないのが仕事なんだよ!」
「そもそも改善方法をためすやる気が湧かん!」

と思われた方もいるでしょう。わかります。実はこの記事を書いている僕もやる気がなかなかおきずに苦労した経験があります。

そんな時は、これを試してください。最終手段ですが、強力です。

最終手段『5秒ルール』

どうしてもやる気が出ないときは、『5秒ルール』を試してみてください。

5秒ルールとは、自分が何かを実行するときに、まず5秒カウントして、ゼロになるまでに作業を開始するというシンプルなルールです。
仕事を始める瞬間はやる気が起きます。やる気というのは時間経過とともに失われていくものなのです。人間は自分の脳みそが行動をとろうとしたことに対してブレーキをかけてしまう作用があるらしいのですが、5秒ルールはこのブレーキがかかる前に行動をはじめようという作戦です。

5秒ルールは元ニューヨークの弁護士である、メルロビンスが提唱した概念です。彼女はパニック障害のために抗不安薬を20年間飲み続けているような状態でしたが、この方法でやる気マックスになり、人生が好転したと話しています。
これを実践して作業ができれば、「仕事ができた!」と自己肯定感を高めることができます。そうなるとやる気は安定して出てくるようになります。

【まとめ】やる気が出ない原因は、根本から潰しましょう!


【まとめ】やる気が出ない原因は、根本から潰しましょう!
さて、本記事の内容をまとめてみましょう!

今回のまとめ・やるべき仕事(手順)を明確にする!
・仕事をやる目的を明確にする
・作業期間を意識して、自分を追い込む!
・どうしてもだめなら5秒ルールを使う!

以上がやる気が起きない原因と対象方法です。

しかし、ここまでやる気について話してきましたが、物事を継続させる場合やる気だけでは不十分です。
というより、やる気だけに頼って仕事をしていると、継続できずに終わってしまうケースが非常に多いのです。

仕事のことで悩むことはたくさんあると思いますが、やる気を起こして作業を継続させるには、『継続させる仕組み』を作ってしまうのが最善の方法です。
この仕組みさえ作ることができれば、やる気がなくても仕事をどんどんこなすことができるようになり、結果もより早く出せるようになります。

詳しくは過去にこんな記事を書きましたので、合わせてご覧ください!

挫折している人がはまっている落とし穴【継続できない原因とは?】

それでは!今回は仕事などでやる気が出ない原因と対象法についてお話しさせていただきました!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. 3週間でできる、性格の変え方【性格改善】

  2. 人材 アイキャッチ

    積極的に付き合うべき「じんざい」【人財・人在・人罪】

  3. 3ヶ月100万稼げた理由 アイキャッチ

    僕がビジネス開始3ヶ月で100万稼げた5つの理由【徹底しました】

  4. 買って後悔した物5選 アイキャッチ

    僕が起業した後に買って後悔したもの5選【いくら損したか分からない】

  5. 才能の見つけ方 アイキャッチ

    「自分に才能なんてない…」と思いこむのはまだ早い【才能の見…

  6. お金持ちが実践している習慣 アイキャッチ

    お金持ちが実践している習慣はこんな感じです【成功できる理由】

  7. 不安を解消する アイキャッチ

    ストレスや不安は『種』から取り除くのが大切【お疲れ様です】

  8. 捨てたコト アイキャッチ

    僕が捨てた意外な『コト』【事を捨てれば生産性UP!】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archives